ユナイテッド

監督「このような日程は二度とあってはならない」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、レスター・シティに2-1で敗れた試合を振り返った。そしてプレミアリーグの首位を走るマンチェスター・シティに追いつけなくなった結果についても触れた。

オールド・トラッフォードでの試合結果を受けて、正式にシティーの優勝が確定した。

試合後、クラブメディアとBT Sportのインタビューに応じたボスは、この試合と今後について次のように語った。

敗戦の分析
準備期間がなかったこともあり、予想通り、少しスロースタートとなってしまった。多少の緊張はあったかもしれないが、相手が得点した後は失うものは何もなかったし、非常に良いプレーができたと思う。準備する時間があまりにもなかったので、ハーフタイムには満足していたが、その後トラップから抜け出せなかった。相手はコーナーからゴールを奪ったが、あれはコーナーではなくスローインだった。これは我々にとって非常に残念なことだ。我々は良いプレーをしていたと思うし、終盤には1点を取ることもできたはずだ。後半はもっと創造性を発揮すべきだったかもしれないが、私は満足している。

リーダーのネマニャ
(多くの選手について)学んだ。ネマニャ(マティッチ)のリーダーシップを見ると、彼は完全にトップ選手だった。若手のアマドもよくやっていたし、メイソン(グリーンウッド)も経験豊富なプロのようだった。彼はまだ19歳だが、今夜のプレーは非常に素晴らしかった。18歳や19歳の選手に混じってラインをリードしている姿は、まるで29歳のように見えて素晴らしいものだった。彼にはとても満足しています。アンソニー(エランガ)は熱意と積極性にあふれ、背後からの攻撃や優れたディフェンスを披露してくれた。

グリーンウッドのゴール
フアン(マタ)の素晴らしいパス、素晴らしい走り、良いタイミングがあってのこと。アマドはそのタイミングと、人を欺くような走りで一日中見ていられる選手。彼は本当に良いプレーをしたと思うし、メイソンはいつものようにゴールを決めた。

こんな日程は受け入れられない
このようなことは二度とあってはならない。木曜、日曜、火曜、木曜とプレーするなんて、ありえない。だからこそ、前代未聞のことだからこそ、今回のような選手変更をしなければならなかったのだ。何度も言う。もしこの試合が明日であれば問題なかったし、土曜日に別の試合があっても問題ない。しかし、木曜の夜、日曜、火曜、木曜と、選手たちがこのレベルでパフォーマンスを発揮するのは不可能。不可能なことなんだ。

シティーに祝福を
シティーに挑戦したいのなら、もちろんチームを強化しなければならない。おめでとう、彼らは素晴らしいシーズンを送った。彼らは素晴らしいシーズンを送ってきました。私は選手たちに満足している。なぜなら、ヨーロッパで最高のチームと称賛されているマン・シティのチームを目の前にして、シーズンの最後の10日間まで追い込めたのだからね。よくやったと思います。しかし、我々は次のステップに進みたいと思っており、より強いチームにするためには、あと2、3人必要かもしれない。

ブルーズをプッシュしなければならない
彼らを押しのけて、さらに一歩前進したい。彼らのチームを見ても、恥ずかしいとは思わないよ。彼らは素晴らしいシーズンを過ごした。おめでとう、と言えるくらいの度量の大きさは必要だ。彼らはチャンピオンにふさわしい存在だ。我々は最後の10日から12日まで彼らを追い込んだが、これは最初の6試合で3敗したことを考えれば快挙だ。最初の8試合でリーグを制することはできないが、最初の8試合でリーグを制するチャンスを失うことはある。開幕からの6試合で半数を落とせば、難しい。

おすすめ: