ユナイテッド

監督がブライトン戦を総括

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、オールド・トラッフォードでのブライトン戦後、マンチェスター・ユナイテッドの攻撃力に声を弾ませた。

ユナイテッドは、アンドレアス・ペレイラ、マーカス・ラッシュフォード、デイビー・プロパーのオウンゴールにより勝ち点3を獲得し、プレミアリーグ7位に浮上している。

試合後、監督はMUTVとのインタビューで若い選手を称えた。

爽快なパフォーマンス
素晴らしい、爽快なパフォーマンスだった。今日のようなプレーをチーム、そして選手が披露すれば、ユナイテッドファン、特に幼いファンは「彼らのようなアタッカーになりたい。ブランドン・ウィリアムズ、ダン・ジェームズ、マーカス・ラッシュフォードのようになりたい」と言いながら家路に着くだろう。そのために我々はいる。そういうプレーを、今シーズンは十分やれていない。しかし、今日はエクセレントだった。

ウィリアムズの活躍
彼は素晴らしかった。ゴールを奪うこともできていたかもしれないし、アシストだって記録していたかもしれない。そして守備もファンタスティックだった。彼には非常に満足している。彼にとっても良い1ヶ月になった。

フォワードの連携
今日のゴールについても話せるが、連携も重要だった。アントニーが中盤でしたプレーが、マーカス、ダン、アンドレアスにスペースを与えた。アントニーは素晴らしかった。

ラッシュフォードは複数ゴールを奪えずフラストレーション
苛立ちながらも笑顔になることだってある。彼も今日を楽しんだが、複数ゴールあるいはアシストを決められなかったことには満足していない。私なら、彼ら(ユナイテッドの攻撃陣)と対峙するディフェンダーにはなりたくない。繰り返し向かってくるのだからね。

ダニエル・ジェームズの誕生日
彼はピッチ内外で大きなインパクトを残した。トレーニングフィールドでもね。彼の姿勢、身体のケア、謙虚な姿勢、取り組み方もそうだし、ピッチでは結果を残す。大きなインパクトを残してくれた。彼には、これからも同じようなプレーを続けてもらいたい。きっと誕生日を楽しんだだろうね!

マクトミネイの負傷
彼は足首を捻ったので痛みがある。私は医師ではないが、痛かっただろうね。

インターナショナルブレーク前の勝利
今日のようなプレーをすれば、またすぐに試合がしたくなる。直近のインターナショナルブレークは、我々にとってファンタスティックなタイミングできた。それから良いプレーを続けられている。先週はチーム全体、ファンをがっかりさせてしまったが、7試合で5勝、リヴァプールとのドローという結果は、チームにとっての前進だ。

おすすめ: