オーレ・グンナー・スールシャール

オーレが監督就任から残したスタッツ

オーレ・グンナー・スールシャールのマンチェスター・ユナイテッド正監督就任発表後、2018年12月19日に暫定監督に就任してから2019年3月27日までに残した印象的なスタッツを集めた。

スクロールダウンして、記録的なスタート、アウェイ連勝新記録、ユナイテッドアカデミー出身選手の起用などについて振り返ろう。
オーレの就任からの戦績
言う

19試合で14勝3敗2分、得点:40、失点:17

オーレ体制となってからのプレミアリーグ戦績
言う

オーレ就任からユナイテッドはプレミアリーグで勝ち点32を獲得。これは、トップ5のチームの中で最多。

クラブ新記録
言う

就任からのアウェイ9連勝はクラブ史上初の快挙。

トリビア
言う

オーレは就任からプレミアリーグ6連勝。これは、チェルシーのカルロ・アンチェロッティ、マンチェスター・シティーのペップ・グアルディオラと並びリーグ記録。

記録的スタート
言う

オーレは、監督就任からクラブ史上初の8連勝をマーク。就任からの連勝記録2位は、サー・マット・バズビーの5連勝。

ホームで強い
言う

オーレの就任からホームで行なわれたプレミアリーグ6試合で無敗。ハダースフィールド、ボーンマス、ブライトン、サウサンプトンに勝利し、バーンリーとリヴァプールとは引き分けた。

ファーギータイムのゴール
言う

オーレ体制となってから、ユナイテッドは後半の追加タイムに4ゴール(リンガード v カーディフ、リンデロフ v バーンリー、ラッシュフォード v PSG、ラッシュフォード v ウルヴズ)をマーク。

異なるスコアラー
言う

スールシャール体制となってからは、12選手(ルカク、ポグバ、ラッシュフォード、マルシャル、リンガード、エレーラ、ペレイラ、マタ、マティッチ、アレクシス、ヤング、リンデロフ)がゴールを決めている。

トリビア
言う

1シーズン中にアーセナル、トッテナム、チェルシーとのアウェイゲームに勝利したのは、34年ぶり。

オーレ体制となってからのアカデミー出身選手起用
言う

オーレ体制となってからは、タヒス・チョン、ジェームズ・ガーナー、アンヘル・ゴメス、メイソン・グリーンウッド、ジェシー・リンガード、スコット・マクトミネイ、アンドレアス・ペレイラ、ポール・ポグバ、マーカス・ラッシュフォードというアカデミー出身9選手が起用されている。

アカデミー出身者によるゴール
言う

オーレ体制となってから決めた4️0ゴール中2️1ゴールは、 アカデミー出身者によるもの。

若手の起用
言う

オーレはこれまでにアカデミー出身3選手(タヒス・チョン、ジェームズ・ガーナー、メイソン・グリーンウッド)にデビューの機会を与えている。

おすすめ:

  • オーレがフルタイムの監督に就任 article

    オーレ・グンナー・スールシャールがマンチェスター・ユナイテッドのフルタイム監督に就任。

  • ワトフォード戦前チーム情報 article

    土曜のワトフォード戦に向けた、インターナショナルブレイク後のチーム状況