ユナイテッド

リンガードが負傷

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、0-0に終わったAZアルクマールとのUEFAヨーロッパリーグ戦で負傷したジェシー・リンガードの状態に関して、深刻なケガではないと語った。

残り15分にメイソン・グリーンウッドと交代してピッチに入ったリンガードだったが、ロングボールを追った際にハムストリングを痛め、後半追加タイムにロッカーに戻った。

試合後のインタビューで、監督はリンガードの状態について言及。リンガード本人の判断でピッチを降りたことを明かした。

「ハムストリングを痛めて、リスクを冒すべきではないと感じたのだろう。悪い状態でないといいんだが」

オーレは、リンガードがセント・ジェームズ・パークで行なわれるニューカッスル戦を欠場する可能性が高いとも話したが、インターナショナルブレーク後の復帰は可能と見ている。

「ニューカッスル戦は難しいだろうが、リヴァプール戦(10月20日)には間に合うだろう」

監督は試合後の会見で、ユナイテッドはプレミアリーグでは芝のグラウンドでのプレーに慣れているため、人工芝のピッチに関する懸念を語った。

リンガード以外にも、ユナイテッドではフィル・ジョーンズ、アントニー・マルシャルが負傷により今回の遠征メンバーに加わらなかった。ポール・ポグバ、ルーク・ショー、アーロン・ワン・ビサカも今回の試合を欠場した。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: