ユナイテッド

カバーニ交代の理由

エディンソン・カバーニは、オールド・トラッフォードでのサウサンプトン戦でゴールを決めた。しかし、9-0で完勝した一戦の後半は出場しなかった。

カバーニは、39分にヘディングシュートを決め、マンチェスター・ユナイテッドは4-0で前半を折り返した。

だが34歳のカバーニは、さらに5ゴールが生まれた後半はプレーしなかった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、試合後カバーニが負傷により交代したと説明した。カバーニは前半の終盤にサウサンプトンのケイン・ランセイに倒された。このプレーによりユナイテッドにPKが与えられるかと思われたが、最終的に主審のマイク・ディーンはフリーキックと判定した。

現時点ではカバーニが土曜に行われるプレミアリーグ次節のエヴァートン戦に出場する可能性はある。

オーレは「エディンソンは足首にタックルを受けてしまい、交代せざるを得なかった」とコメントしている。

「彼は出場したかっただろうが、リスクを取る必要はなかった」

「腫れが酷くならないことを願っている」

おすすめ:

関連キーワード