ユナイテッド

ラルフが2点の批判に回答

月曜日 07 2月 2022 16:48

ラルフ・ラングニック暫定監督は、キャリントンでチームが改善に努めている2つの批判ポイントについて、詳しく説明した。

月曜日の午後、監督は火曜日夜にターフ・ムーアで行われるプレミアリーグのバーンリー戦に向けて、記者との定例会見に出席。

会見の主なトピックは、エミレーツFAカップでのミドルズブラ戦だった。マンチェスター・ユナイテッドは試合を支配しながらも多くのチャンスを逃し、物議を醸す同点ゴールを決められ、PK戦の末に敗退した。

トリビア
言う

火曜の夜、ユナイテッドにはターフ・ムーアでのプレミアリーグ戦でバーンリーを相手に6連勝を飾る初のクラブになる可能性がある。

ある記者から「責任の大きさがより明らかになったのではないか」と問われたラングニックは、率直に改善を決意している2つの明確な部分を挙げた。

「というのも、ここ数週間のチームの成長とパフォーマンスは、カップ戦も含めて全体的に良くなっていると思うからだ」とラルフは言った。

「チームとして、そして我々として、向き合わなければならない批判が2点ある。1つ目は、明確なチャンスを無駄にし過ぎたこと。ハーフタイムには3-0で、最終的には6-1か6-2で終わるはずだった。これは、私たちが向き合わなければならない一つの批判点だった」

「もうひとつは、あのハンドで失点する前の10秒間。私たちの時間だったが、唯一忘れていたのは相手からボールを遠ざけることだった。その結果、8秒後にはボックス内で劣勢に立たされ、あのハンドゴールを許してしまうという事態を招いた」

「ハンドとはいえ、あの得点は認められるべきではなかったと今も確信している。ただ、自陣のボックスでこの状況を許すべきではなかった。この2点が、私がチームを非難しなければならない点だが、この1週間ずっとゲームプランに時間を費やし、ボール保持のゲームを改善してきた。チームで問題点を確認し、ミドルズブラ戦ではピッチ上で良いプレーを見せられた」

試合オフィシャル
言う

主審: マイク・ディーン アシスタント:イアン・フーシン、エディー・スマート 第4審判:トニー・ハリントン VAR:スチュアート・アットウェル アシスタントVAR:ダン・ロバタン

ユナイテッドは現在プレミアリーグで4位につけており、火曜日の夜、重要な勝ち点3を獲得するため、バーンリーに乗り込む。

おすすめ: