バルサ

スカウティングレポート:バルセロナ対ベティス

マンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグの次ラウンドで対戦するバルセロナは、日曜のベティス戦に4-1で快勝し、リーガエスパニョーラ優勝に前進した。しかし、同試合ルイス・スアレスが負傷交代した。

32歳のスアレスは、63分にゴールを決めたほか、アシストもマーク。しかし、足首を痛めてピッチを去った。

試合後バルセロナはスアレスのコンディションに関して次の声明を発表。「欠場期間は約10日から15日。スアレスはクラブのメディカルサービスで治療を受けるため、ウルグアイ代表には合流しない」

バルセロナは、4月10日にオールド・トラッフォードでユナイテッドとの第1戦を戦い、その6日後にカンプ・ノウで第2戦が行なわれる。

デンベレが負傷
エルネスト・バルベルデ 言う

「試合前から嫌な感じはあったようだが、決着を決める試合だったので、彼を起用するリスクを取った。試合前のスコアを考えて彼を使った。結果的に、彼は今後3週間から4週間プレーできない」

もう一人の負傷者

 ウスマン・デンベレは、ユナイテッドとの2試合を欠場する可能性が出てきた。リヨンとのチャンピオンズリーグ戦でハムストリングを負傷したのだ。エルネスト・バルベルデ監督は、同選手が4週間欠場する可能性があると、リポーターに語った。

「試合前から嫌な感じはあったようだが、決着を決める試合だったので、彼を起用するリスクを取った。試合前のスコアを考えて彼を使った。結果的に、彼は今後3週間から4週間プレーできない」

スタンディングオベーション

 バルサがベティスに4-1で勝利した試合で、リオネル・メッシがリーガで33回目となるハットトリックを達成。前節の勝利により、首位のバルセロナは2位に勝ち点10の差をつけている。

メッシの1点目は見事なフリーキックから生まれ、2点目はスアレスのバックヒールを爪先で蹴り込んでゴールに。そしてバーにヒットしながら決まった3点目の直後には、ベティスサポーターがメッシをスタンディングオベーションで称える場面が見られた。

メッシは試合後「今までに見た覚えが無いような光景で、ファンのリアクションにとても感謝している」とコメント。「今日の勝利は非常に重要だったので、結果に満足している」と、続けた。

「ボールの扱いが非常に上手なチームと対戦だったけれど、監督が相手のプレーを戦術的な部分で完璧に読んでいた」

「タイトルは手中にあるけれど、まだ何も決まっていない。これまでにも良くないことがあった。アドバンテージは僕たちにあるけれど、まだまだ試合は残っている」

ユナイテッドへのリスペクト
エルネスト・バルベルデ 言う

「PSGとの試合で、彼らは素晴らしい結果を残したので、気をつけないといけない。彼らは諦めない。負傷者を多数抱えていたが、我々との試合では状況が変わるだろう。楽しみな試合だ」

ユナイテッドへのリスペクト

 バルベルデ監督は、スペインメディアに対し、オーレ・グンナー・スールシャール監督のユナイテッドについてコメント。ユナイテッドのファイティングスピリットを警戒する必要があると述べた。

「チャンピオンズリーグ準々決勝ならば、どのチームと対戦しても難しい試合になる。どのチームにも相応しい場所だ」

「ユナイテッドは我々と同様に欧州でも歴史のあるクラブで、世界的なチーム。それだけ魅力的な試合になるし、難しい対戦になる。彼らは一丸となって良い成績を残せている。どちらが勝ってもおかしくない、オープンな戦いになる」

「PSGとの試合で、彼らは素晴らしい結果を残したので、気をつけないといけない。彼らは諦めない。負傷者を多数抱えていたが、我々との試合では状況が変わるだろう。楽しみな試合だ」

おすすめ:

関連キーワード