ポール

ポグバとマクトミネイ欠場の理由

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、2人の主力MFがバーンリー戦を欠場した理由を明かした。

スコット・マクトミネイとポール・ポグバは揃ってバーンリー戦を欠場し、フレッジとネマニャ・マティッチが先発した。

マクトミネイは、ユナイテッドが4-1で勝利したボクシングデイのニューカッスル戦で、ハーフタイムにポグバと交代して退いた。その後、膝の検査を行った。

「まだ完全なスキャンは行っていないが、これから週末にかけてより詳しい状況がわかるはずだ。あまり状態はよくないようだったが、回復に時間がかからないことを祈っている」と指揮官はMUTVに話した。

一方ポグバは、足の負傷で3ヶ月間欠場していた。最近復帰を果たし、先週日曜のワトフォード戦には25分間出場、ニューカッスル戦は後半から出場したが、無理は避けたいとの判断だった。

「ポールは2試合でプレーしたが、今日は休ませたほうがいいと判断した」。

試合後の会見の席で監督は、ニューカッスル戦のあと、ポグバには少し影響がみられたと明かした。

「あの試合で45分プレーしたあとは、少し実戦から離れている。調子が思わしくなかったからだ。なので無理はさせず、時間をかけて次の出場機会に備えたい。長い期間欠場したあとは、100%の状態になるまでは時間がかかるものだ。もう少しリカバリーの時間が必要だろう」

マクトミネイは、3、4週間の療養が必要で、2020年の初旬までは戦列を離れることになりそうだ。

「スコットは復帰まで数週間はかかりそうだ。しかし以前にも彼は、3週間とみられていたときにも2週間で復帰している。なので今回もわからない。とにかく、その間なんとかする方法を考えるだけだ」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: