ユナイテッド

オーレ「試合ごとに対応しないといけない」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、対戦相手の戦術に対応する必要があると語った。

マンチェスター・ユナイテッドは、レアル・ソシエダとのヨーロッパリーグ・ラウンド32 第1戦に4-0で快勝したが、プレミアリーグではウェストハム・ユナイテッド、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンの守備を崩すのに苦しんだ。

監督は、金曜のリモート会見で「どの試合でもチャンスは作れる。同時に、問題も生じる」と語った。

「対戦相手はスペースを与えてくれるが、広大なピッチでは自然なことだ。互いに11選手いて、背後のスペース、選手間のスペースの時もあれば、高い位置でプレスをかけるチームもいれば、低い位置でプレスをかける場合もある」

おそらくニューカッスルも、ウェストハムとウェストブロムと同様の戦術を用いるだろう。

オーレは、こうした試合で勝ち点3を獲得するには、試合中の判断を改善する必要があると言う。

「試合ごとに対応しないといけない。毎試合から学ぶことが重要だ。前回の(プレミアリーグ)を例に挙げると、ウェストブロムは退いて守った。我々のプレーは十分ではなかった」

「木曜の試合ではスペースが多く、正しい形で使えた。チャンスを作った時には、ラストパスとラストクロスのプレーの質も重要だ。常に改善し、レベルアップすることが求められる」

おすすめ: