ユナイテッド

監督は中盤の競争を歓迎

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ブライトン&ホーヴ・アルビオンとの今シーズンのプレミアリーグ初のアウェイゲーム前日の会見で、中盤のオプションについて言及した。

先週末のクリスタル・パレス戦では、ブルーノ・フェルナンデス、ポール・ポグバ、スコット・マクトミネイが起用された。

火曜に行われたルートン・タウンとのカラバオカップでは、ネマニャ・マティッチ、フレッジ、ドニー・ファン・デ・ベークという並びだった。

金曜の会見で、監督はファン・デ・ベーク、フェルナンデス、ポグバの同時起用について聞かれ、次のように話した。

「優れた選手は共存できる」 

「しかし、スコット、ネマニャ、フレッジも優れた選手なので、異なるコンビネーション、戦術を用いることが可能だ」

「異なるシステムも採用できる。その内、彼らが揃って出場することもあるだろう」

ファン・デ・ベークはパレス戦に交代出場してゴールを記録し、ルートン戦でも攻撃の中心を担った。オーレは、明日の試合以降も同選手に同様のプレーを期待している。

「パレス戦には満足していない。当然だ」

「必要なインテンシティ、クオリティーに達していなかった。走力も足りていなかった。ただ、6月、7月に再開して以降、大きな進歩があったと思っている」

「1試合は過去のもの。パレス戦の結果は非常に残念だったが、チームのクオリティーがあれば相手を崩せる。私はそう信じている。そのためには前回の試合よりも創造性、クオリティーが必要になるのは間違いない」

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ:

関連キーワード