ユナイテッド

オーレ「我々のベストパフォーマンス」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、2-1で勝利したトッテナム・ホットスパー戦でマンチェスター・ユナイテッドが見せた成熟したパフォーマンスに興奮を隠せなかった。

監督は試合後、スパーズ戦のパフォーマンスがシーズンベストともコメント。

MUTV、アマゾンプライムとのインタビューで、監督はクラブのマン・オブ・ザ・マッチに選出されたマーカス・ラッシュフォードを称賛したほか、復帰戦でフル出場したスコット・マクトミネイが試合前に1日しか練習に参加していなかったことを明かした。

オーレの主なコメントは、以下の通り。

ユナイテッド
水曜のパフォーマンスに満足したオーレ

今季ベストパフォーマンス

エクセレントだった。3点か4点は決めるべき内容で、1-1で前半を終えたのは不運だった。選手たちを鼓舞することが重要だった。彼らには「今シーズンで最高のパフォーマンスじゃないか。チェルシー戦も、リヴァプール戦も良かったが、今日はより成熟している。ボールをキープし、あらゆる部分で上手くやれている」と伝えた。

素晴らしいマーカス

マーカスは間違いなく傑出していた。私が着任してから最高のパフォーマンスだった。強くて、ダイレクトで、インサイドでもアウトサイドでも相手を引きつけ、恐れずにやっていた。そういうプレーを選手たちにはしてもらいたい。選手たちには、楽しんでもらいたい。そういうプレーこそ、ストレトフォード・エンドが望むもの。そういうプレーをするために彼はやっている。(ライアン)ギグシーや(アンドレイ)カンチェルスキスのプレーを見てきたんだ。実際にはカンチェルスキスのプレーを見た世代ではないかもしれないが、彼のポテンシャルはそれくらい高い。彼はエクセレントな選手になる。

今シーズンは、ほぼ全試合に出場している。どんどんコンディションは上がっているし、経験を積んでいる。素晴らしいパフォーマンスだった! 2ゴール共に彼が作り出したもので、あと2点は決められていた。ゴールキーパーの素晴らしいセーブがあったのでね。フリーキックは決まると思ったが、アウトサイドにいってしまった。ファンタスティックなパフォーマンスだった。

ファンと共に合唱

試合に向かう時、ファンが歌ってくれるのは光栄。現役時代には、頭の中でハミングすると、何も怖くなくなる。何があっても、ここでは怖くない。ホームだし、楽しませてもらっている。これからも、できるだけ長く楽しませてもらう。

スコットの決意

スコッティが戻ってくれて嬉しい。彼に必要だったのは、昨日の練習参加だった。それだけだった。コンディションも良く、体調に気を配れる選手だ。彼はこれまで全試合に出場してきた。私がプッシュする必要なんてなかった。彼は責任を回避したがる選手ではない。まっただ中に身を置きたいと思う選手だ。

次戦

また土曜に試合だが、マンチェスター・シティーとの対戦だ。2日だけ回復にあてて、臨む。できるだけ多く勝ち点を取らないといけない。この試合前にも言ったが、我々の実力を示す素晴らしい機会になる。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。

おすすめ: