click to go to homepage
フレッジ

新加入フレッジ、これまでの足跡

マンチェスター・ユナイテッドは、ブラジル代表で台頭したフレッジを獲得した。

フレッジは25歳のプレーメーカーで、利き足は左足。これから全盛期を迎える選手だ。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップ決勝前に同選手を獲得できたことを喜んでいるだろう。優勝候補ブラジルのメンバーであるフレッジは、今回のワールドカップの主役になり得る存在だ。

ベロオリゾンテ出身のフレッジは、今夏ユナイテッドが最初に獲得した選手で、シャフタール・ドネツクのリーグ2連覇に貢献。

その名を最も広めた一戦は、2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグだった。ユナイテッドのライバルであるマンチェスター・シティーをグループステージ戦で下す原動力となり、ペップ・グアルディオラ監督率いるチームの公式戦連続無敗記録を止めた。

また、イタリアのローマと対戦したチャンピオンズリーグ・ラウンド16 第1戦ではフリーキックを直接決め、2-1での勝利に貢献。

しかしローマのホームで行われた第2戦に1-0で敗れ、アウェイゴール差で敗北を喫した。

フレッジの移籍完了! article

シャフタール・ドネツクからの移籍が完全に成立

チャンピオンズリーグ敗退後もフレッジ個人の力強いパフォーマンスに陰りは見られず、ボックス・トゥ・ボックス型のMFは、パウロ・フォンセカ監督の下、ウクライナ王者のために印象に残るプレーを続けた。

2003年に母国ブラジルのアトレティコ・ミネイロでキャリアをスタートさせたフレッジにとって、タイトルは常についてくるものだった。同クラブに6年在籍後、フレッジは1年だけポルト・アレグレに所属。

プロとして注目されるようになったのは、2010年にインテルナシオナルに移籍後のことで、チームのユースレベルからファーストチームに昇格した。

エスタディオ・ベイラ・リオでの2年間で55試合に出場して8ゴールを決めたフレッジは、国内リーグ2連覇、レコパ・スダメリカーナ優勝に貢献した。

このパフォーマンスに欧州のクラブも注目し、2013年、シャフタール・ドネツクに移籍する。

同じブラジル出身で、シャフタールの中盤でプレーし、現在はシティーに所属するフェルナンジーニョと同様、フレッジはウクライナで即結果を残すことに。チョルノモレツ・オデッサとのデビュー戦では2ゴールをマークし、3-1での勝利に貢献。

目標は歴史に名を刻むこと article

フレッジはマンチェスター・ユナイテッドの一員として試合に出場し、戦うことの意味を理解していると語った。

現在クルゼイロでプレーするブラジル出身の34歳、フレデリコ・シャヴェス・ゲデスと同じ愛称ながら、本名フレデリコ・ロドリゲス・デ・パウラ・サントスは、母国とシャフタールでもファンの人気者になった。

ユナイテッドとは2013年12月にオールド・トラッフォードで行われたチャンピオンズリーグ戦で対戦済みで、同試合はフィル・ジョーンズのゴールによりユナイテッドが1-0で勝利した。

2014年にブラジルで開催されたワールドカップでは、母国ブラジルが準決勝で優勝国ドイツに7-1で完敗。その年、フレッジは代表デビューを飾り、2015年のコパ・アメリカのメンバーにも召集された。

グループステージのラスト2試合で先発出場したフレッジだったが、チームは準々決勝でパラグアイにまさかの敗戦を喫した。

オールラウンド型のMFとして成長を続けたフレッジには、欧州のトップチームも関心を寄せていた。

シャフタールでの5年間で156試合に出場し、14ゴールを決めたフレッジは、ウクライナ・プレミアリーグ優勝3回、ウクライナカップ優勝3回、ウクライナ・スーパーカップ優勝4回を成し遂げ、同クラブに在籍中10ものメジャータイトルを獲得。そしてチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグに出場し、欧州戦での経験も積んだ。

両足でのドリブルとパスに秀で、プレッシャーを受ける状況下でも落ち着いてボールを保持できるフレッジは、現代におけるセントラルMFに必要な資質をすべて兼ね揃えている。そのため、2017-18シーズンを最後に現役を引退し、モウリーニョ監督のスタッフに加わったマイケル・キャリックが抜けた穴を埋められるだろう。

6月はじめ、アンフィールドで行われたクロアチアとの親善試合の後半に交代出場したフレッジは、厳しい競争を勝ち抜き、チッチ監督が選出した23名のメンバーに残った。彼は、ワールドカップ・ロシア大会を戦うセレソンのキーパーソンになる可能性を秘めている。ちなみにフレッジは、グループEの第1節、スイス戦では出場機会を与えられなかった。

夢の劇場にやってくる前、フレッジは世界最高峰のトロフィーを掲げることを目標にしている。ユナイテッドは、彼の才能を発揮するにはもってこいのチームだ。そして彼は、クラブのトッププレーヤーになれる力を持っている。

関連キーワード