リンガード

リンガードはエヴァートン戦で復帰?

ジョゼ・モウリーニョ監督は、ジェシー・リンガードがエヴァートンとのプレミアリーグ今節に出場できるかどうかを土曜日に決めると語った。監督は、スコット・マクトミネイが復帰する可能性も示唆したものの、アレクシス・サンチェスは間に合わないことを明かしている。

リンガードは、筋肉系の問題により、ここ5試合を欠場している。本人は先週Twitterに近況を投稿し、回復までに時間が必要であると説明したが、「ピッチに戻る」と宣言した。
リンガード
リンガードはダービー・カウンティとのカラバオ・カップ戦以降出場していない

試合前の会見で、予定よりリンガードの欠場が長引いているかどうかを聞かれた監督は「そうだ。彼はワールドカップに出場した時に痛めた。それから、夏の休暇の間に通常の状態に戻ると勘違いしてしまった。それに、チーム練習に参加すれば状態が改善されると思い違いをしてしまった。それで、フットボールがプレーできない状態にあると感じるようになった」と答えた。

「彼は練習に復帰し、100%のコンディションになるため調整している。復帰は間もなくだろう。なにより、チームが彼を必要としている」

「(エヴァートン戦で)チームの助けになれるかどうかは、明日(土曜日)にならないとわからない。もしくは、あと1週間かかるかもしれない。あと1週間の練習を経れば復帰できるかもしれない。いずれにしても、もうすぐだ」

監督は、MUTVとの独占インタビューで、負傷者について「選手の努力、メディカルスタッフの努力、フィットネススタッフの努力のおかげで、来週には負傷者の一人か二人はベンチに加えられるようになるかもしれない。それができれば、選択肢も増える」と話した。

「ジェシーは、その内の一人になる可能性がある」

監督は、前回のインターナショナルウィーク中、スコットランド代表で負傷してチームに戻ったマクトミネイがエヴァートン戦メンバーに加わる可能性を示唆。しかし、マルアン・フェライニ、ディオゴ・ダロトの復帰はまだ先だ。

「ニューカッスル戦後、良い状態で代表ウィークを迎えた。それから2週間が経ち、ダロトはポルトガル代表で、フェライニはベルギー代表でケガをした。アレクシスはチリ代表で、マクトミネイはスコットランド代表で負傷した」

「代表チームの中には非常にプロフェッショナルなチームもあり、すぐに選手をクラブに戻してれたチームもあった。そのおかげで早い段階から回復に向けたプロセスに乗せられたが、そうではない代表もあり、選手たちを返してくれなかった。それで負傷に関する情報がわからないままだった」

「そしてチェルシー戦の2日前に選手たちが代表から戻ってきたのだが、いったいどういうことになっているのか見当もつかなかった。そうした状況に対応し、少しずつ問題を解決していった。ジェシーが出場できるのなら、力になってくれる。マクトミネイは通常の状態にある。他の選手に関しては、待たないといけない」

「アレクシスが苦しんでいるのは、彼がケガをしているからだ。チェルシー戦ではチームの助けになってくれようとしたが、肉体の状態は良くなかった。それでユヴェントス戦には出場できる状態ではなかったし、日曜も無理だ。大事なのは、コンディションをベストな状態に戻すこと」

エヴァートン情報

 プレミアリーグで3連勝中のエヴァートンは、現在8位。新たな負傷者もいない状態で、オールド・トラッフォードにやって来る。

今年1月に重複骨折という重傷を負ったアイルランド代表のジェームズ・マッカーシーは、今も完治に向けてリハビリを進めている。

ドミニク・カルヴァート・ルーウィンとジェンク・トスンは、ホームで行なわれたクリスタル・パレスとの前節でともに交代出場ながら得点をあげ、2-0での勝利に貢献。2人とも先発での起用を希望しているに違いない。

元ユナイテッドのマイケル・キーンとモルガン・シュナイデルランは、古巣との対戦に出場する可能性がある。キーンは2015年に、シュナイデルランは2017年にユナイテッドを退団した。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから