ユナイテッド

アーロン・ワン・ビサカ初インタビュー

スウォンジー・シティーから移籍したウェールズ出身のダニエル・ジェームズに続いて、U-21イングランド代表のワン・ビサカは今夏2人目の新選手となった。

アーロンは、パレス時代と同様に29番のユニフォームを着用する。

Aonトレーニングコンプレックスで、21歳のアーロンの独占インタビューに成功。オールド・トラッフォードへの移籍、これまでの歩み、ユナイテッドとの対戦、サポーターへのメッセージなどを聞いた。

アーロン、移籍が決まりました! マンチェスター・ユナイテッドと契約した気分は?

ようやくチームと契約できて、興奮しているよ。どんな若い選手も、このクラブのようなチームでプレーしたいと思うもの。嬉しいし、このクラブを代表してプレーできるのは名誉なこと。これからも成長して、新たにチームメートになる仲間から色々と教えてもらいたい。ユナイテッドはビッグクラブで、ビッグファミリー。ファンベースも大きくて、全員が一丸となってやっている印象だね。

動画
ユナイテッド
ユナイテッド移籍後のアーロン初インタビュー

その若さでこれまでに成し遂げてきたことを多くの人が誇らしく思っています。特にあなたのご家族がそうだと思います。家族も今日という日を迎えられたことを、嬉しく思っていますか?

 とても嬉しい。今回の決断で、家族も誇らしい気持ちになってくれていると思う。これまでの歩みだったり、キャリアの始まりだったりを考えると、それが自分のモチベーションになってきた。どういう決断だろうと、家族と決めてきた。家族は、自分にとって正しい判断が何かわかってくれているし、僕は正しい決断をする。これまでの大変な歩みを考えたら、素晴らしい瞬間。最高のフィーリングだね。

ウィングからイングランドでも屈指のサイドバックにどうやって転校したのでしょう?

フォーメーションありきだったと思う。当時の自分はウィングバックでプレーしないといけなかったので、それで慣れて、感覚を掴めた。それがきっかけになったと思う。

幼かった頃、どういう部分を伸ばそうと思っていましたか? そして目標にしていた選手はいましたか? たしか、最初はウィンガーだったのですよね?

 始めた頃はストライカーで、ティエリ・アンリに憧れた。彼がプレミアリーグでやっていたようなことをしたかった。それで自分を追い込んだ。

以前ユナイテッドに所属したウィルフレッド・ザハは、あなたとの練習が大変と言っていた。彼との練習はどういうものでした? そして、彼との練習から自分の長所に気づきました?

 たしかに、彼と対峙することで自分の長所に気がついた。簡単ではなかったし、いつだってチャレンジだった。でも、それと同時に自分の力になったし、彼のような選手とプレミアリーグで対戦する感覚を養えた。

1対1のディフェンスは素晴らしいものがあります。スパイダーというニックネームについて聞かせてもらえますか?

“スパイダー”というニックネームは、僕がボールにタックルする際の手足の長さからきているものなんだ。

ユナイテッド
元ユナイテッドのウィルフレッド・ザハとクリスタル・パレスでプレーしたワン・ビサカ

選手として最大の長所は?

 ドリブル、スピード、それにタックルだね。

以前ユナイテッド戦に出場した経験がありますね。マーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルや、他の選手と対戦した感想は?

 (セルハースト・パークでの)ユナイテッド戦は、僕にとってプレミアリーグ2試合目で、簡単な試合にならないことはわかっていた。だから集中しないといけなかった。彼らのような選手と対戦できて良かった。スーパースターだからね。その試合から多くを学べた。それが僕の成長に繋がったんだ。

オーレとは話しましたか? マンチェスター・ユナイテッドについて何を言われました?

監督とは話をして、僕に対する印象を言ってもらえた。オーレは、これからのプランについて話してくれて、僕の不安を取り除いてくれた。僕は、彼のプランの一部になりたい。チーム再建は監督のプランで、あるべき位置にチームを戻さないといけない。そのプランの一部になりたい。

ユナイテッド
Aonトレーニングコンプレックスでワン・ビサカを歓迎したオーレ

昨季オールド・トラッフォードで対戦した際には、無失点に抑えました。あの試合で覚えていることは?

 自分にとって初めての経験で、信じられないくらい素晴らしいスタジアムだった! 当時のインタビューで、これまでで最高のスタジアムと話したんだ。サイズも、ピッチも、ファンの歓声も。どんな時もすごい歓声だった。

ユナイテッドの赤いユニフォームを着て、オールド・トラッフォードでプレーすることを楽しみにしていますか?

楽しみにしている。待ちきれないね。

ユナイテッド
昨季のオールド・トラッフォードでのユナイテッド戦に出場したワン・ビサカ

最後になりますが、ユナイテッドでのあなたのプレーを楽しみにしているファンにメッセージはありますか?

 この素晴らしいクラブに歓迎してもらえて、ありがとう。早くスタートしたくてたまらない。このクラブを代表してプレーできるのは光栄なことで、ファンの皆と交流したい。ファンのサポートは、これまでも目にしてきた。このクラブにとっては、トロフィーを勝ち取ることが重要で、僕も自分にとって最初のトロフィーを獲得したい。ファンベースも非常に大きくて、良い時も、そうではない時も、ファンの皆がクラブを支えてくれる。このクラブ、ファンタスティックなファンのために力を尽くすよ。早く仕事を始めたくて仕方がない。

クラブ公式アプリをダウンロードして、アーロン・ワン・ビサカの初インタビューをチェックしよう。

おすすめ: