ユナイテッド

移籍市場がオープン

金曜日 10 6月 2022 10:57

ソーシャルメディア上では様々な憶測が飛び交っている中、6月10日(金)、プレミアリーグのクラブにとって夏の移籍市場が正式にオープンした。

毎年と同様に、マンチェスター・ユナイテッドが獲得すると噂される選手の数は多い。

それらは、実際に選手とクラブの間で契約が合意に至らない限り終わらない。しかし、移籍市場は実際に開いており、今後84日間、つまり2ヶ月と23日も開かれた状態が続く。

期限は9月1日(木)23:00(日本時間2日7:00)に設定されている。

プレミアリーグは、カタールでの冬季ワールドカップ開催による中断があるため、8月6日、7日の週末にトップリーグのシーズンが開幕する。

試合日程は、来週木曜日(6月16日)9:00(日本時間17:00)に発表される予定だ。

12月26日にリーグ再開後、2023年の1月のウィンドウが開くまで、クラブはフリーエージェントと契約しない限り、選手を獲得できない。

昨シーズンのルールと同様、トップリーグのチームは同時に2人以上の選手を期限付き移籍枠で登録することはできない。最大2人を期限付き移籍させる場合は、異���るクラブに移籍させないといけない。

また、この期間に契約した選手は、期限までに他のプレミアリーグのチームへレンタルすることはできない。

昨年、ユナイテッドは夏の移籍市場で4人のシニアプレーヤーと契約した。

トム・ヒートン(アストン・ヴィラ)、ラファエル・ヴァランヌ(レアル・マドリー)、ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)、クリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)が加入した。

今回の移籍市場での入退団に関する情報は、ユナイテッドアプリやManUtd.comなどの公式チャンネルで最初に発表される。

おすすめ: