ブルーノ

ブルーノ「個人賞はモチベーションになる」

マンチェスター・ユナイテッドのMFブルーノ・フェルナンデスが2年連続でサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞を受賞した。

我らがポルトガルのファンタジスタは、成長を続けるオーレ・グンナー・スールシャール監督のチームで、またも影響力絶大のシーズンを送った。火曜夜のフルアム戦では、ブルーノからのバックヒールパスがエディンソン・カバーニの夢のゴールを演出。今シーズン出場した57試合で、ブルーノは46回(28ゴール、18アシスト)得点に絡んでいる。

この活躍を讃えて、26歳のミッドフィールダーは、サポーターの投票で決まるサー・マット・バズビー年間最優秀選手賞に今年も選ばれた。2年連続の受賞は、現在のレッズのメンバーでは、ダビド・デ・ヘアだけが実現している快挙だ。60%の票を獲得し、選手が選ぶ年間最優秀選手賞を受賞したルーク・ショーと、火曜の得点者カバーニに大差をつけての受賞となった。

1-1で引き分けた火曜のフルアム戦のあと、ブルーノはMUTVのスチュワート・ガードナーに受賞の喜びを語った。

「とても大きいよ」この賞が意味するものは?という問いにブルーノはそう答えた。

「いつも言っているように、個人賞は選手にとって励みになる。モチベーションを上げてくれるものだ。だから、個人賞が欲しくないとは決して言わない。チーム全員で勝ち取るトロフィーより大事ではないけれど、それでもいつだって大事なものだ」

「何かができている、良いことができている、正しくやれている、それを自覚することで、よりさらに成長していくことができる。それに、みんなが喜んでくれているという証明でもある。自分のプレーを、自分がチームを助けようとしている姿を、みんなが喜んでくれているんだとわかる。だから僕にとって大切なものなんだ」

「だけどそれ以上に大切なのは、シーズンの終わりにチームでトロフィーを勝ちとることだ。フットボールはチームスポーツであり、みんなでトロフィーを勝ち取ることに意味があるからね」

自宅にはトロフィー用の大きなキャビネットがあるかと尋ねられると、ブルーノは大きなスマイルとともに絶妙な返しをくれた。

「心配ないよ。必要なときにはすぐに手に入れるから!」。

2020-21年間ベストゴール動画

今日の出来事

14年前の今日は、オーレ・グンナー・スールシャールが、レッズのプレーヤーとして最後に試合に出場した日だ。さらにサー・アレックス・ファーガソンがユナイテッドを率いた最後の試合も8年前のこの日だった。ホーソーンズで行われたウェストブロムウィッチ・アルビオン戦は、5-5の引き分けに終わった。この試合を最後にポール・スコールスも引退している。

レッズOBのウルグアイ人ストライカー、ディエゴ・フォルランは今日が42歳の誕生日だ。ハッピー・バースデー、ディエゴ!

昨日の出来事

プレミアリーグのフルアム戦は1-1のドローに終わった。この試合では、シアター・オブ・ドリームスに1万人のファンが戻ってきた。

おすすめ: