ユナイテッド

ワトフォード 2-0 ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、ヴィカレージ・ロードでワトフォードに2-0で敗れ、クリスマス前の日曜にフラストレーションが溜まる結果となった。

ポゼッションでは圧倒したものの、後半に2ゴールを決めたワトフォードに苦しめられた。ワトフォードは、イスマイラ・サールが先制点をマークし、トロイ・ディーニーがPKを成功させ、ナイジェル・ピアソン監督のホームデビュー戦で勝ち点3を獲得した。

ユナイテッドは、6分にアントニー・マルシャルが低いシュートも、わずかに右のポストを巻いて枠の外へ。マルシャルは、ダニエル・ジェームズからのリターンパスに反応し、ペナルティエリア内で合わせた。

オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームは、ポゼッションで上回るも、ホームのワトフォードはカウンター狙いの戦術。ディーニーがユナイテッドのボックス内でボールを受けてシュートも、ルーク・ショーがブロックして阻止した。

30分を超え、ジェシー・リンガードが先制のチャンスを作る。ベン・フォスターと1対1の状況を生み出すも、チップシュートは枠の屋根を揺らした。

このパターンが前半終了まで続き、ホームチームの堅い守りを崩せなかったユナイテッドが、無得点で前半を折り返した。

ユナイテッド
元ユナイテッドのクレイグ・キャスカートと対峙したアントニー・マルシャル

後半開始から5分、ついに試合が動く。サールのシュートにダビド・デ・ヘアは反応するのが精一杯で、ゴールネットを揺らした。

直後、スコット・マクトミネイがヘディングシュートを放ったが、フォスターにセーブされてしまう。そして、サールがアーロン・ワン・ビサカにエリア内で倒され、主審はワトフォードにPKを与えた。VARも審判の判定を支持し、ディーニーにPKを決められ、ホーネッツがリードを2点に広げる。

2点を追う展開になったユナイテッドは、同点に追いつくことに集中。ポール・ポグバが9月のアーセナル戦以来の実戦に出場し、ラッシュフォードに見事なパスを通し、ワトフォードに倒されて獲得したフリーキックを直接狙ったが、フォスターに弾き返されてしまう。フォスターは、その後ハリー・マグワイア、ポグバ、ラッシュフォードのシュートも対応。メイソン・グリーンウッドのループシュートがバーを越した際には、フォスターも胸をなでおろしたはずだ。

ワトフォードに今シーズン2勝目を献上したユナイテッドは、ボクシングデイのニューカッスル戦での勝利を目指す。

ユナイテッド
9月以来の出場となったポール・ポグバ

ラインナップ

ワトフォード:フォスター、マリヤッパ、カバセレ、キャスカート、フェメニア、サール(88分にサクセスと交代)、カプエ(77分にペレイラと交代)、ドゥクレ(69分にチャロバーと交代)、ヒューズ、デウロフェウ、ディーニー(キャプテン)

出場機会のなかったサブ:ゴメス、ドーソン、マジーナ、グレイ

イエローカード:カプエ、ドゥクレ、キャスカート

得点:サール(50分)、ディーニー(54分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、ショー、フレッジ、マクトミネイ(72分にマタと交代)、ジェームズ(58分にグリーンウッドと交代)、リンガード(64分にポグバと交代)、ラッシュフォード、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ヤング、アンドレアス、マティッチ

イエローカード:ショー

観衆:2万1488人

 

おすすめ: