click to go to homepage
フィルターリスト

バイオグラフィー

ジョゼ・モウリーニョの2018年夏の3人目のリクルートは、ストーク・シティーから獲得したGKリー・グラント

フットボール・リーグを中心に、数々のクラブを経てキャリアを積み上げてきたGKリー・グラントは、長年の夢だったマンチェスター・ユナイテッド入りを実現した。 「マンチェスター・ユナイテッドに移籍することは長年の夢だった。その機会が訪れて、このような歴史的にも偉大なクラブの一員になれることに興奮している」 「これまでのキャリアもとても充実したものだったけれど、これからこのクラブで、ベストプレーヤーたちとともにより一層成長すべく学んでいく覚悟はできている。と同時に、機会があればこれまで培ってきた自分の経験をチームに役立てていきたい」 リー・グラントは、1983年1月、ヘメル・ハムステッドに生まれた。近郊ワトフォードのユースチームでGKとして研鑽したのち、ダービー・カウンティーに入団。ここで2002-03シーズン、プロデビューに至った。 イングランド代表でも、U-21まで各世代で招集され、クラブレベルでは、バーンリー、オールドハム・アスレティックなどへのレンタル移籍を経て、2007年7月にシェフィールド・ウェンズデーに移籍。 さらに2010年にはバーンリーに完全移籍し、その後ふたたび2013年にダービー・カウンティに復帰、続いてプレミアリーグのストーク・シティーへとキャリアを推し進めた。 当初ポッターズへの移籍は、負傷したジャック・バートランドの交代要員としてだったが、2016年10月のマンチェスター・ユナイテッド戦ではオールド・トラッフォードで1-1のドローと好戦し、この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。 次のレッズとの対戦でも、グラントは93分までクリーンシートを守った。しかしその後、ウェイン・ルーニーに、彼にとって250点めとなる節目のゴールで破られた。 2017年1月にストーク・シティーに完全移籍すると、そのシーズンは30試合に出場してクリーンシートを9回達成。グランドの尽力の甲斐もあってポッターズはそのシーズンを13位で終え、グラントは選手たちが選ぶ年間最優秀選手に選出された。 17-18シーズンは第1GKバットランドの控えにまわることが多く、出場は5回にとどまった。ストークも、プレミアリーグで10年奮闘したのち、チャンピオンシップに降格となった。 2018年7月3日にレッズの一員となったグラントは、18-19シーズン、その豊富な経験でダビド・デ・ヘアとセルヒオ・ロメロをサポートしてくれることだろう。

省略を読む About リー グラント
  • ポジション

    ゴールキーパー

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

マンチェスター・ユナイテッドに移籍することは長年の夢だった。

最新

グラント

ユナイテッド入団は素晴らしいジャーニー Article

この夏ユナイテッドに入団したリー・グラントが初インタビューで見せた謙虚さと意欲は、多くの人の心をつかんでいる。

グラント

GKリー・グラントを獲得 Article

リー・グランドをストーク・シティーから獲得