リオ

バイオグラフィー

気品、スピード、そして冷静な戦術眼を兼ね備えたリオ・ファーディナンドは、世界最高のDFの1人だ。

ロンドン・ペッカム生まれのスターは、ハリー・レドナップが率いたウェストハム・ユナイテッドでプレミアリーグデビューを果たし、一気に頭角を現すと、 2000 年 11 月に 1800 万ポンドでリーズ・ユナイテッドに引き抜かれた。 2002 年のワールドカップ日韓大会は、期待の若手から完成された DF に変ぼうを遂げる機会となった。日本での素晴らしいパフォーマンスを目撃したアレックス・ファーガソン監督は、 3000 万ポンドという巨額の 移籍金でファーディナンドを獲得することを決断したのである。 ユナイテッドでの 1 年目はけがと不調で出遅れたものの、シーズンが終盤に向かうにつれて本来の実力を発揮。土壇場でアーセナルを振り切る逆転優勝に貢献し、ユナイテッドに通算 15 回目のリーグタイトルをもたらした。 ところが、 2003 年 9 月に思わぬアクシデントに見舞われる。任意の薬物検査を受けなかったファーディナンドは、その後の上訴も実らず、 2004 年 1 月から 8 カ月間の出場停止を命じられてしまったのだ。 しかし、出場停止処分を終えてからはワールドクラスの DF であることを証明し続けている。ユナイテッドが勝利を収めた 2006 年 1 月のリヴァプール戦では、後半ロスタイムに劇的な決勝点を決めている。 セットプレーでの得点力にも磨きをかけているファーディナンドだが、最大の長所といえば、やはり守備陣をまとめるリーダーシップだろう。その素晴らしい統率力により、ユナイテッドやイングランド代表ではたびたびキャプテンを務めている。 2008 年 5 月、新たに 5 年間の契約にサインし、 2013 年までオールド・トラッフォードに留まることが決まった。その 6 日後、モスクワで行わ れたチャンピオンズリーグ決勝にはキャプテンとして出場し、栄光を手にした。大活躍したこのシーズンの最高の締めくくりだった。 2008-09 シーズンもファーディナンドの好調は続く。このシーズン、ユナイテッドは連続無失点記録を更新したが、その中でファーディナンドが果たした役割は非常に大きい。もちろん、ユナイテッドの 18 回目のリーグ優勝、そしてチャンピオンズリーグの決勝進出に関しても多大なる貢献をした。残念ながら、ローマで行われた決勝ではバルセローナに敗れてしまったが、ふくらはぎを負傷していたファーディナンドのコンディションが万全であれば、結果は違っていたかもしれない。 2009-10 シーズンも、腰、ハムストリング、そけい部の故障に悩まされ、リーグ戦の先発出場は 12 試合だけだった。 翌 2010-11 シーズンでも故障を抱えながらも、リーグ戦 38 試合に出場。リーグ史上最多となる 19 度目の優勝が現実味を帯びた終盤戦、特にチームにとって重要な試合で存在感を発揮した。 そして 2011-12 シーズンでは更なる成長を見せ、 4 バックの中で絶対的とも言える存在感を放った。無冠のシーズンとなってしまったが、 38 試合に出場し、その豊富な経験でユナイテッドを最後まで優勝争いに絡ませた。 ファーディナンドはユーロ2012のイングランド代表に選ばれなかったため、もう終わりだと批判する人たちもいたが、2012-13シーズンのファーディナンドは安定した活躍を見せ、ユナイテッドのタイトル奪還に貢献した。 ファーディナンドは結果的にこのシーズンのFFA年間ベストイレブンに選出され、またスウォンジー戦では5年ぶりにゴールを決め、アレックス・ファーガソン元監督のホームでの最後の試合でチームを勝利に導いた。 2013年4月、アストン・ヴィラ戦の勝利でリーグ優勝を決めたあと、ファーディナンドは「勝利は嬉しいものだよ。タイトル獲得はいつだって嬉しいし、オールド・トラッフォードで決めることができて良かった」とコメントしている。 その後1年間の契約延長をしたファーディナンドだったが、2014年5月にユナイテッド退団を発表した。ファーディナンドはモダンフットボールにおけるトップ選手のひとりとして、そしてユナイテッド及びイングランド代表史上最強のDFのひとりとしてその名を残すだろう。 「タイトルを獲得したいと思ってユナイテッドへ入団したが、ここまで素晴らしい成功を収められるとは夢にも思っていなかった。自分の望み通りの形でお別れを言えなかったが、素晴らしい12年間を送らせてもらった ことに対し、チームメイト、スタッフ、クラブ、そしてファンに感謝したい。決して忘れることはないだろう」

省略を読む About リオ・ ファーディナンド
  • ポジション

    ディフェンダー

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    ザレゲルセジ(H)

  • 退団

最新

ユナイテッド

オーレ「言い訳は必要ない」 Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、プレシーズンのプランについて語った。

ユナイテッド

ノルウェイへの帰還に興奮 Article

監督は、クリスチャンスンとの親善試合実現を「ボーナス」と表現。

ユナイテッド

プレシーズンの親善試合が決定 Article

オーレ・グンナー・スールシャールの母国ノルウェイでファーストチーム、女子チームの親善試合が決定した。

マタ

マタがトレブルを振り返る Article

1999年のトレブル達成に時、フアン・マタは11歳だった。

أندي كول ودوايت يورك
#TrebleIcons
アンディ・コール。ドワイト・ヨークについて 言う

「組んでプレーするようになったときは、まるで特別な女性に出会って、恋に堕ちたような感覚だった。すべてがぴったりはまった。我々に言葉など必要なかったよ」

ヨーク

トレブルアイコン:ドワイト・ヨーク Article

トレブルシーズンの我らがトップスコアラー、ドワイト・ヨーク

オーレ

オーレのゴール勘は健在 Article

リー・グラントがスールシャールのシュートセンスを絶賛

ユナイテッド

トレブルアイコン:ポール・スコールズ Article

ジダンが対戦した中で最もタフな選手がトレブル記念試合に出場。彼の1998-99シーズンを振り返る。

ユナイテッド

昨季のプレミアリーグ最速選手が決定 Article

Optaのデータにより、2018-19シーズンのプレミアリーグ最速選手が確定。1位はマンチェスター・ユナイテッドのアノ選手だった。

ユナイテッド
キーラン・マケンナ 言う

今のスタッフは、幅広い経験を持っている。自分、オーレ、マイク、マイケル、デンプス、エミリオは、それぞれが全く異なるバックグラウンドを持っている。お互いに足りない部分を補い合えているし、それぞれが異なるものをもたらしている。

ユナイテッド

マケンナ「ユナイテッドのコーチは、お互いに足りない部分を補い合えている」 Article

ユナイテッドファンでもあるキーラン・マケンナが、オーレ・グンナー・スールシャール監督のスタッフの一員であることについて語った。

ヨーク

ヨーク「記念試合は素晴らしい1日になる」 Article

ドワイト・ヨークが、来週日曜に行われる記念試合について語った。

ペレイラ

レジェンドがアンドレアスに助言 Article

ニッキー・バットが、アンドレアス・ペレイラにアドバイスを送った。

ゴメス
オーレのシーズン閉幕特別インタビュー第2回
オーレ・グンナー・スールシャール 言う

「1年間他のクラブで修行し、たくましくなって戻ってくる例もたくさんある。彼らについてどういう戦略をとるかはについてはおいおい決めるが、ほとんどはここに残ることになるのではないかと思う」

もっと見る