ユナイテッド

マルシャル交代の理由

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、1-1のドローに終わったACミラン戦後、アントニー・マルシャルを交代させた理由を説明した。

前半にジャンルイジ・ドンナルンマを襲うシュートを放ったマルシャルは、背後から相手ディフェンダーのチャレンジを受けた際に負傷した。

前半は最後までプレーし続けたが、監督は後半のあたまからアマドを投入した。試合はアマドのゴールで先制するも、シモン・ケアーに同点ゴールを許して終わった。

試合後、監督はMUTVとのインタビューで選手交代が戦術によるものかと聞かれると、「違う、負傷による交代だった」と答えた。

「残念だが、アントニーは前半の早い時間帯に臀部を前半に痛めた。けが人が一人増えた」

試合後の会見でも監督はマルシャルについて触れ、週末のウェストハム戦前に検査を受ける必要があると答えた。

「アントニーは臀部を痛めた。検査が必要なフォワードが増えた」

エディンソン・カバーニとマーカス・ラッシュフォードが離脱中で、攻撃陣のオプションは限られている。ミラン戦の後半は、メイソン・グリーンウッドが中央でプレーした。

おすすめ: