ユナイテッド

ブルーノが古巣を表敬訪問

ブルーノ・フェルナンデスが他のクラブに顔を見せた。とは言っても、マンチェスター・ユナイテッドファンが心配する必要はない。

母国ポルトガルに滞在しているブルーノは、ユナイテッドに移籍するまでの2年半を過ごした古巣スポルティング・リスボンを表敬訪問したのだ。

スポルティングは現在アルガルヴェでトレーニングキャンプ中で、元キャプテンを歓迎した。

ブルーノはSporting TVに「少し前までチームメートだった仲間に会える機会と思って来た。それに、コーチングスタッフや、2年半一緒に仕事をしてきた人たちとも会えるしね」と語った。

「短い時間だったけれど、彼らは練習しないといけないし、僕は休暇中。みんなに挨拶したかった。これで満足して家に帰れる」

スポルティング公式チャンネルは、9月に開幕する来シーズンの抱負をブルーノに聞いた。

彼は「成長して、もっと多くのことを成し遂げたい」と返答。加入後から短期間で大きなインパクトを残したブルーノの言葉を聞けば、ファンのうれしいに決まっている。

来シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーキットをUnitedDirectで発売中。

おすすめ: