ユナイテッド

チャンピオンズリーグのラウンド16で対戦する可能性があるのは?

水曜日 24 11月 2021 16:35

マンチェスター・ユナイテッドはすでにグループF首位の座を確定し、ラウンド16進出を決めた。

まだ12月7、8日に行われる第6戦目は残っている。そこでユナイテッドはホームにヤングボーイズを迎えるが、12月13日(月)に行われるラウンド16の抽選会でどのクラブと対戦する可能性があるのか、おおよその絵が見えてきた。

2022年2月に始まるノックアウトステージでは、どんなこと���待ち受けているのか、ここで見てみよう。

ユナイテッドの他には、アヤックス、バイエルン・ミュンヘン、リヴァプールがすでにグループ首位を確定した。よって抽選会では、彼らとは同じポッドに入ることになる。

チェルシーとユベントスも次ラウンド進出を決めている。プレミアリーグで現在首位のチェルシーは、火曜の対戦ではスタンフォード・ブリッジでユベントスを4-0で玉砕した。チェルシーの最終戦の相手はゼニト・サンクトペテルブルクだ。彼らがグループHの首位を確定するには、マルメと対戦するユベントスと、最低でも同等の結果が必要となる。もしチェルシーが首位で勝ち抜けた場合、ユナイテッドにはユベントスとラウンド16で対戦する可能性が生まれる。

マンチェスター・シティーは、25日(水)の試合でパリ・サンジェルマンに勝てばグループA首位が確定する。しかし仮にPSGが勝ち点0でエティハド・スタジアムを去ることになっても、勝ち抜けはほぼ確実だ。最終戦で対戦する現在3位のクラブ・ブルージュとは、現時点で勝ち点4差をつけている。

リヴァプールがダントツ首位のグループBでは、ポルトアトレチコ・マドリー、そしてわずかではあるが現在最下位のACミランにも2位通過の可能性は残されている。

グループCでは、ボルシア・ドルトムントスポルティングが2位を競い合っている。ドルトムントはスポルティングに勝てば勝ち抜けが決定。一方スポルティングは2点差以上で勝てば、彼らが次ラウンド進出の権利を得る。

ハイライト:ビジャレアル 0-2 ユナイテッド 動画

ハイライト:ビジャレアル 0-2 ユナイテッド

ロナウドとサンチョのゴールで、決勝トーナメント進出が確定

もっとも混戦なのがグループDで、まだ4クラブ全部に勝ち抜けのチャンスが残されている。とはいえ、シャフタール・ドネツクの戦況は厳しく、レアル・マドリーは首位通過の可能性が高い。FCシェリフに勝つか、残り2戦ともドローなら、彼らの勝ち抜けが決まる。インテルも勝ち抜ける可能性は高いが、これまでの戦いぶりを見る限り、シェリフは決して侮れない相手だ。

バイエルンがすでに首位通過を決めているグループEから2位で勝ち抜ける可能性があるのはバルセロナベンフィカで、すなわちユナイテッドの対戦相手となりうるということ。この二者間の対決ではベンフィカが上回るため、最終戦で彼らがディナモ・キエフを破り、バルセロナがバイエルンから勝利を奪えなかった場合は、バルセロナの敗退が決まる。

ブルーノがCLアシスト数トップ! 動画

ブルーノがCLアシスト数トップ!

今シーズンこれまでブルーノがCLで記録した全6アシスト

ユナイテッドは、グループFから2位通過するビジャレアル、またはアタランタとラウンド16で対決することはない。同じくイングランド勢とも当たらない。

グループGは、いずれのチームにもチャンスが残されている。現在最下位のウォルフスブルクも、最終戦でリールを破れば通過の可能性がある。この試合で引き分けならリールの勝ち抜けが決まる。現在2位のザルツブルクは、最後のセビージャ戦で負けないこと。一方のセビージャはここで勝てば逆転通過の可能性がある。

ラウンド16の抽選は、12月13日にスイスのニヨンで行われる。グループ2位のチームが、第1戦目をホームで戦う。今年からはアウェーゴール・ルールはカウントされない。

太字はラウンド16で対戦する可能性があるクラブ

おすすめ: