ユナイテッド

デ・ヘア「受け入れられない」

土曜日 20 11月 2021 19:57

ダビド・デ・ヘアが、敗れたプレミアリーグでのワトフォード戦を振り返った。

デ・ヘアは、ヴィカレージ・ロードでの前半、イスマイラ・サールのPKリテイクを含めてPKを連続セーブしたが、アディショナルタイムでの2回を含め、4回もボールを拾わなければならなかった。

クラブメディアの取材に応じたダビドは、次のように語っ���。

「シンプルだと思う。相手はチームよりもはるかに良いプレーをし、多くのチャンスを作り、自分たちよりも戦い、ウチよりも多くを求めている。正直なところ、前半は恥ずかしかった。多くのチャンスを逃してしまい、前半で4失点してもおかしくなかった。今日見せたようなレベルは受け入れられない」

前半のPKセーブについても、デ・ヘアはこう述べた。

「試合序盤ということを考えれば、僕にとっては素晴らしい結果だった。2度も止めて『さあ、これで試合に勝てるビッグチャンスだ』と思ったのだけれど、その後で何度も何度もチャンスを逃がし、簡単にゴールを決められてしまった。何と言っていいのかわからない。今は困難な状況にある。ファンの皆には改めて申し訳ないと思っている。これは受け入れられない」

「(後半のチャンスは)十分とは言えない。先ほども言ったように、前半は恥ずかしいものだった。後半からではなく、最初の1分からやり直さなければならない。もう何も言うことはないよ」

「ファンが叫んでいるのを見るのはつらいし、とにかく辛い。今は厳しい状況にあるけれど、試合に勝ち続け、チームを再び上位にするために戦う」

後半から交代出場して唯一のゴールを決めたドニー・ファン・べ・ビークのインパクトについて、デ・へアは次のようにコメントしている。

「彼は素晴らしい。ゴールを決めてくれて嬉しいし、彼なら当然。彼はとてもいいプレーをした。僕たちは、チームとしては非常に貧弱だった。悪夢に次ぐ悪夢で、とても厳しい。何が間違っているのか、考える時期に来ている」

おすすめ: