click to go to homepage
ダロト

ダロトがゴールデンボーイ賞候補に

この夏加入したディオゴ・ダロトら、マンチェスター・ユナイテッドの3選手が、欧州でもっとも優秀な若手選手に贈られるゴールデンボーイ賞の候補に挙がっている。

この賞は、2003年にイタリアのメディア『Tuttosport』が創設したもので、その年にもっとも活躍が目立った21歳以下の選手を対象としている。

栄えある第1回目の受賞者は、当時アヤックスに所属していたラファエル・ファン・デル・ファールトで、前回の2017年度はパリサンジェルマン所属のキリアン・エムバペに贈られた。ウェイン・ルーニー(2004年)やアンデルソン(2008年)、ポール・ポグバ(2013年)、アントニー・マルシャル(2015年)も受賞している。

本年度の候補者100人の中には、ダロトも含まれている。2017-18シーズン、ダロットはFCポルトの右サイドバックとしてファーストチームの試合に7回出場、UEFAチャンピオンズリーグの対リヴァプール戦ではクリーンシートにも貢献した。

この夏ユナイテッドに加入すると、プレシーズンのアメリカツアーにも帯同。ポルト時代に負った負傷の影響でまだ試合には出場していないが、19歳のディフェンダーはAonトレーニング・コンプレックスでリハビリに励んでいる。

 

ファンも投票に参加可能

ディオゴ・ダロトを解剖!動画

6月初旬にダロトの移籍が決まったとき、モウリーニョは彼を獲得した理由についてこのように語った。

「ディオゴは卓越したタレントをもった若きディフェンダーで、このクラブで偉大な選手に成長するであろうクオリティを備えている」

「彼はサイドバックに求められる要素をすべて備えている。身体能力、戦術理解度、テクニックの高さ・・・それらがプロ選手として活躍するために必要な成熟さを養うというポルトのアカデミーの哲学と融合している」

「同世代では、彼は欧州でナンバー1のサイドバックだと言えるだろう。マンチェスター・ユナイテッドでの彼の未来は明るい」

ゴールデンボーイ賞の候補にはティム・フォス・メンサーの名前も挙がっている。17-18シーズン、クリスタル・パレスで充実したシーズンを送った彼は、オランダ代表にも選出された。ユナイテッドのアカデミー卒業生であるティムは、夏の間はユナイテッドに戻ってプレシーズンマッチでは6試合に出場、その後ふたたびフルハムにレンタル移籍している。

ユナイテッドからはアンヘル・ゴメスも100人のリストに入った。2017年12月にプロ契約を結ぶと、エミレーツFAカップのヨーヴィル・タウン戦でシニアデビューを果たした。彼はジョゼ・モウリーニョがこの夏のプレシーズンツアーに帯同した数人のアカデミー卒業生の一人だ。

 

投票はこちらから