ドニー

ファン・デ・ベーク「どんな相手にでも勝てる」

木曜日 09 12月 2021 10:23

マンチェスター・ユナイテッドのMFドニー・ファン・デ・ベークは、1-1で引き分けたチャンピオンズリーグのヤングボーイズ戦で出場機会を得たことを喜ぶとともに、ラウンド16へ向けて期待を膨らませている。

オランダ代表のファン・デ・ベークは、オールド・トラッフォードで行われたこの試合にフル出場した。指揮官のラルフ・ラングニックは、前戦から先発メンバー11人をすべて入れ替えてこの対戦に臨んだ。

早い時間帯にメイソン・グリーンウッドが先制点をあげたが、グループリーグ最終戦を白星で締め括ることはかなわなかった。しかしユナイテッドはグループ首位で、来週月曜に行われる抽選会を迎える。

次ラウンドではアトレチコ・マドリー、ベンフィカ、RBザルツブルク、インテル、パリ・サンジェルマン、スポルティング等と対戦する可能性があるが、ファン・デ・ベークはどの対戦相手も望むところで、ユナイテッドが本来の力を出し切れば、どんな相手も負かすことができると話した。

ユナイテッド 1-1 ヤングボーイズ article

チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節はドロー。

「チャンピオンズリーグのこの段階に勝ち残っているチームはどこも強豪だ。だから、トップを目指すなら、自分たちに目を向けることが重要だ」とクラブメディアに話したファン・デ・ベーク。

「ここにいる選手たちなら、どんな相手でも倒すことができる」

「でもそのためには毎日必死で努力する必要がある。そうして良いプレーができれば、どのチームにも勝てる」

「しばらくプレーしていなかった選手も多いから、プレータイムを得ることはものすごく重要だ」とドニーは続けた。

ユナイテッドはグリーンウッドの得点で先制したが、ファビアン・リーダーに返されて、ドローで試合を終えた。

ドニーは、自分が出したボールが失点の原因を作ったことを認めている。しかしリーダーが放ったシュートは、GKディーン・ヘンダーソンにとっては制御不能な一撃だった。

ラウンド16で対戦する可能性があるチーム article

チャンピオンズリーグ・ラウンド16で対戦する可能性があるチームを紹介。

「遠くに蹴り出すべきだったかもしれない。責任を感じている。あのあとは少し動揺した」

「相手にしっかりプレッシャーをかけられていなかった。ボールロストも多かったし、試合にしっかり入り込めていなかった」

我らが34番は、この試合で初めてチャンピオンズリーグのピッチを踏んだトム・ヒートン、ジダン・イクバル、チャーリー・サヴェージにも温かい言葉を贈った。

「チャンピオンズリーグの試合に初めて出場したメンバーにはおめでとう、と言いたい。この試合でプレーすることは本当に特別だ。1-1で終わったけれど、僕たちはすでに次のプレミアリーグの試合に意識を集中させているよ」。

おすすめ: