ドニー

MOMはファン・デ・ベーク

マンチェスター・ユナイテッドがルートン・タウンに3-0で勝利した火曜夜のカラバオカップ3回戦で、ドニー・ファン・デ・ベークがマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

レッズはフアン・マタ、マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッドがゴールをあげて4回戦進出を決めたが、ファンがこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに投票したのは、新加入のファン・デ・ベークだった。

3-1で敗れた土曜のクリスタル・パレス戦では、途中出場ながらレッズの唯一の得点をあげたドニー。ルートン戦で公式戦初先発を果たすと、10番の役割を担って勝利に貢献した。

23歳のMFはレッズのゲーム展開に積極的に絡み、とりわけマタとは何度となくチャンスを作り出した。ユナイテッドにとって最初のチャンスとなったマタのシュートシーンも、このオランダ人MFが絶妙な“ダミー”役となっている。

ブランドン・ウィリアムズがファウルを受けてユナイテッドがPKを勝ち取った場面でも、ドニーとマタのコンビプレーが起点となった。PKはマタが決めて、ユナイテッドはハームタイム突入直前に貴重なリードを得た。

後半は、ドニー自身にもシュートチャンスがあったが、相手GKジェームズ・シェアの好セーブに阻まれた。

数々の技ありパフォーマンスにより、ファン・デ・ビークは公式アプリでの投票でこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

ドニーの得票数は18%。しかしマタが僅差の17%で次点に。3番手はジェシー・リンガードで15%、デビュー戦でクリーンシートを守ったディーン・ヘンダーソンが12%で続いた。

新シーズン到来!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: