オーレ

ウルヴス戦前チーム情報

土曜に行われるエミレーツFAカップ準々決勝のウルヴァーハンプトン戦では、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、おもにディフェンス陣をローテーションする必要がある。

5回戦のチェルシー戦で、今大会2度目のイエローカードを受けたアシュリー・ヤングは、この試合は出場停止となる。

彼に代わる右サイドバックとしては、ディオゴ・ダロトの起用が濃厚だ。アントニオ・バレンシアとマッテオ・ダルミアンは負傷中で、エリック・バイリーはパリ・サンジェルマン戦では右サイドでプレーしているが、フィル・ジョーンズも体調不良により2月9日のフルハム戦以降はプレーしていない。

攻撃陣では、アレクシス・サンチェスは3月2日のサウサンプトン戦で負った怪我のため欠場。

先週日曜のアーセナル戦でプレミアリーグデビューしたメイソン・グリーンウッドは、体調をくずし、U-19チームが参戦する今日のUEFAユースリーグのFCミッティラン戦のメンバーにも加わることができなかった。


フアン・マタ 言う

「みんな、メッセージをありがとう。みんなが素晴らしい1週間を過ごしていることを願っている。僕もやれることはすべてやって、できる限り早くコンディションを戻せるようがんばっているよ」

復帰できそうな選手は?

ネマニャ・マティッチとアントニー・マルシャルはアーセナル戦で復帰し、マルコス・ロホもチームシートに名を連ねた。

先週金曜のAonトレーニング・コンプレックスでのトレーニングの様子では、アンデル・エレーラとフアン・マタ、ジェシー・リンガードも練習に参加していた。3人の復帰はそう遠くはなさそうだ。

毎週月曜に更新されるブログで、マタ本人も、

『金曜はピッチでのセッションに少し加わることができた。順調に回復しているみたいだ。そのうちチームに復帰できそうだよ。みんな、メッセージをありがとう。みんなが素晴らしい1週間を過ごしていることを願っている。僕もやれることはすべてやって、できる限り早くコンディションを戻せるようがんばっているよ』と綴っている。

ウルヴスの状況は?

ヌーノ・エスピリート・サント監督は、幸運にも現在怪我人のいない状況にある。モダンフットボール界において、スケジュールが過密するこの時期に、これは非常に珍しいことだ。

2-0でウルヴスが勝利したカーディフ・シティー戦で今シーズン10 枚目のイエローカードを受けたライアン・ベネットは、2試合の出場停止処分を受けることになっているが、これはプレミアリーグでのみ消化する。

直近の、チェルシー戦でのウルヴスの先発イレブン:ルイ・パトリシオ:ドハーティ、サイス、コーディ、ボリー、オット:デンドンカー、ネベス、モウティーニョ、ヒメネス、ジョッタ

ロマン・サイスは、

「この試合に向けてすでにスイッチを入れている。ウェンブリーでの準決勝戦進出がかかったこの試合は、僕たちにとってとても重要だ。ホームでプレーできるし、しっかり準備しなくてはならない。今週みっちり調整して、土曜はすごい試合をやってみせるよ」と気合十分だ。

元ウルヴスのフォワード、ドン・グッドマンも選手たちを激励している。グッドマンは、1998年、ウルヴスが最後に準々決勝戦を戦ったとき、リーズ相手に決勝点をマークした。

「選手たちは熟練が揃い、監督も辣腕だ。私のアドバイスは必要ないだろう。彼らはみな、これが素晴らしいチャンスだと自覚しているはずだ。もう2度と訪れない機会かもしれない。トップ6以外のチームでプレーしていたら、こんな機会は毎年はやってこないのだからね」。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。


おすすめ: