エリック

「強くなって帰って来る」

怪我を負ったエリック・バイリーは、より一層強くなって復帰すると決意を固めている。

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダーは、1-1で引き分けた日曜のチェルシー戦で先発イレブンに復帰した。ようやく怪我から復帰したバイリーにとって、2019年に入って2度目の先発出場だった。

しかし、バイリーにとってレッズで50回目の出場は、膝の怪我により71分で終了することとなってしまった。


エリック
チェルシー戦で膝を負傷したバイリー

検査の結果、バイリーは右膝の靭帯を負傷したことが判明。これにより、レッズの残りの2試合(ハダースフィールド・タウン戦、カーディフ・シティー戦)に加え、コートジボワール代表で参戦するはずだったアフリカ大陸選手権も欠場することとなった。

自身のインスタグラムで、エリックはファンからの応援メッセージに感謝するとともに、2019-20シーズン、より強靭な選手となって帰ってくることを誓った。

「愛情いっぱいの応援メッセージをありがとう。辛いけれど、受け入れなくてはいけない。避けられない怪我もある。 今シーズンは女神は僕に微笑んでくれなかったようだけれど、すぐに復帰して、さらに強くなるよ」 バイリーは自身のツイッターにも同じメッセージを投稿した。

ハダースフィールド戦では誰がセンターバックを埋めるのかなど、最新の情報は金曜の会見でオーレ・グンナー・スールシャール監督から明かされる。


おすすめ:

  • バイリーは今季残り試合欠場 article

    エリック・バイリーはひざの内側靭帯を損傷。残り試合、そしてアフリカネーションズカップも欠場。

  • ユナイテッド 1-1 チェルシー article

    オールド・トラッフォードでの一戦は、勝ち点を分け合う結果に。

  • チェルシー戦を総括 article

    オーレ・グンナー・スールシャール監督がチェルシー戦を振り返った。

  • チェルシー戦ハイライト動画