ユナイテッド

監督がストライカーに関して言及

日曜日 07 8月 2022 19:15

エリック・テン・ハフ監督は、アントニー・マルシャルのコンディションが整っていたら、ブライトン&ホーヴ・アルビオンとの開幕戦の先発に起用したと認めている。

プレシーズン期間中に前線をリードし、好調を維持していたマルシャルは、オスロで行われたアトレティコ・マドリーとの親善試合で負傷した。

クリスチアーノ・ロナウドがラージョ・バジェカーノとのプレシーズンゲームで初出場を果たしたものの、前半のみの出場だったため、日曜日の試合では大きな変更が必要だった。

新加入のクリスティアン・エリクセンが偽9番の役割をこなさなければならず、後半にロナウドが投入されてから中盤でプレーするようになった。

監督は、ラッシュフォードを中央に配置することも強く考慮したオプションであったが、ツアーと同様に、ラッシュフォードを左サイドで使いたかったと記者団に語っている。

また監督は、会見でボローニャのストライカー、マルコ・アルナウトヴィッチについても質問された。

「名前には触れないが、このプレシーズンでは、250人もの選手がマン・ユナイテッドと関わりを持っていると報じられた」

「我々は2人のストライカーを擁しており、ラッシュフォードも3人目になるかもしれない」

「彼はプレシーズン中に左サイドでとても良いプレーをしていたし、今日も左サイドから入って2つの良いチャンスを作った。適切な判断だったと思っている」

「しかし、9番タイプがいなかった。彼(マルシャル)は出場できなかった」

戦術変更がもたらしたもの

 Article

エリック・テン・ハフ監督が、ブライトン戦後半のプレーについて言及。

土曜日のティータイムには、ブレントフォードとの次戦が行われる。そのため、マルシャルの離脱が長引かないことを願うばかりだ。

「もし彼がプレーできていたら、ストライカーである彼を起用しただろう」と監督はマルシャルについて語った。

「クリスチアーノ・ロナウドは10日間チームの練習に参加しているが、90分プレーするには不十分。それが、彼が先発しなかった理由だ」

おすすめ: