click to go to homepage
フレッジ

フレッジの目標はユナイテッド史に名を刻むこと

Share With

新加入フレッジは、テレビゲームでマンチェスター・ユナイテッドに関するすべてを学習した。そして、一人の偉大なレジェンドと同じチームに加われることを名誉に感じている。

国際移籍証明書の発行、それから労働許可証を取得し、フレッジはシャフタール・ドネツクからユナイテッドへの移籍を完了。正式メンバーとなった今、彼はオールド・トラッフォードの歴史に名を刻むことを目標に掲げている。

MUTVとの独占インタビューに応じたフレッジは、ユナイテッド加入の意味、クラブでの目標について語った。

「すごく嬉しい。このクラブでプレーする機会を得られて嬉しく思う。とても大きなクラブで、偉大な歴史を持つクラブ。このチームのためにプレーできるのは名誉なこと。移籍手続きが完了して良かった。これからはクラブのためにプレーすることに集中したい」

「先ほども言ったように、マンチェスター・ユナイテッドはとても大きなクラブ。幼い頃から頻繁に名前を耳にしたし、ゲームではいつも使っていたチームだった。僕にとって、マンチェスター・ユナイテッドは偉大なチーム」

フレッジは、シャフタール時代の2013年12月にオールド・トラッフォードでのユナイテッド戦に出場。同試合はフィル・ジョーンズのゴールによりユナイテッドが勝利した。フレッジは、ユナイテッドレジェンドとの対戦に興奮したという。

「夢の劇場という言葉がすべてを物語っている。素晴らしいスタジアムだよね。僕はライアン・ギグスと対戦できて幸運だった。クラブに加入した今、ギグスと一緒にプレーする機会には恵まれなかったけれど、彼が在籍したクラブで、同じカラーのユニホームを着て戦える」

プレミアリーグへの移籍は、25歳のフレッジの力が試される機会になる。しかし本人は、すぐにでもプレーして自分の力を証明したいと意気込んでいる。

「大きなチャレンジになるのは間違いない。でも、僕は成長することを望んでいる。自分のベストを毎日見せて、成長したい。つまり良いプレーをしないといけないし、プレミアリーグで良いパフォーマンスを見せないといけないということ。そしてマンチェスター・ユナイテッドで多くのことを成し遂げて、タイトルを獲得しないといけないということ」

「ユナイテッドではタイトルを獲得したい。新しいチームメート、監督と一緒に試合に勝って、皆で多くのことを成し遂げて歴史を作りたい」