click to go to homepage
フレッジ

フレッジ:レッズファンの歓迎に感激

マンチェスター・ユナイテッドでのデビュー戦となった今シーズンの開幕戦は、期待どおりだったとフレッジは感じている。

フレッジは前にもオールド・トラッフォードのピッチに立ったことがある。2013年12月、シャフタール・ドネツク時代にチャンピオンズリーグのグループリーグでユナイテッドと対戦した時だ。その試合はフィル・ジョーンズの1点でユナイテッドが勝利を収めた。

しかし今回の体験は、その時とはまったく違っていた。

レスター・シティー戦の舞台裏をフォローしたクラブの公式YouTubeチャンネルは、チームのメンバーが新入りのフレッジを温かく励ます様子をとらえていた。そしてホームスタジアムのファンもまた、それに負けないくらいの激励をフレッジに送った。

フレッジ
ホームデビュー戦となったレスター戦で力強いパフォーマンスを見せるフレッジ

クラブ関係者全員が、フレッジのユナイテッドでの活躍を応援している。フレッジはかつてユナイテッドに所属した同胞のアンデルソンやダ・シウバ兄弟らと同じく太陽のような明るい人柄で、今後英語が達者になれば、さらに彼のキャラクターも発揮されることだろう。いまのところはアンドレアス・ペレイラが言葉の面をサポートしている。

「僕らはすっかり打ち解けているよ。彼とはこれから先も一生付き合っていきたい」。

フレッジはペレイラについて、マッチデー・プログラムUnited Reviewにそう語っている。

そのスマイルで、フレッジはすぐに友達を作ることができる。ファンたちの心もとらえているようだ。開幕戦で彼に交代が告げられたときにファンから贈られたオベーションからもそれがうかがえた。

「みんな僕に、精一杯満喫しろよ、と言ってくれた。オールド・トラッフォードのようなスタジアムでプレーすることは、そうそうできることじゃない。それに僕にとっては、ユナイテッドの選手としてプレーする最初の試合だったから特別だった」

「すべてが順調だったよ。チームのみんなが激励してくれたのは素晴らしい体験だった。そしてピッチに足を踏み入れたとき、スタジアム中のサポーターが目に入ってきた。僕らがトンネルから出てきた瞬間、みんなが大声援を送ってくれるんだ。あの体験は忘れられないよ」

「この日感じたことは、一生忘れたくない。オールド・トラッフォードでデビューして、強い相手を倒したというのはファンタスティックな出来事だ。一瞬、一瞬を僕は噛み締めていた。ファンのみんなが僕に声援を送ってくれたこともとてもうれしかった。この体験は一生忘れられない」

article

マンチェスターでの生活にも馴染みつつあるフレッジ。まず英語のレッスンを受けるプランを立てているが、生活の中では驚きの連続だ。車の運転法もそのひとつ。しかし周囲の仲間達が、ピッチ内外でフレッジをサポートしている。

彼がチームに与えている影響はピッチ上にとどまらず、ロッカールームでもすでにムードメイカーになっている様子だ。ジョゼ・モウリーニョもMUTVとの独占インタビューの中で明かしている。

「みんなすっかり彼のことが気に入っているようだ。彼がチームにもたらすポジティブな影響を感じ取っている。プレースタイルもチームが目指すものに合っている。彼の獲得を決めたときからこうなるだろうと思っていた。彼のフットボールに対する考え方や、フットボールを愛する気持ちがみんなに好影響を及ぼすだろうということをね」。

フレッジ加入の舞台裏 article

ブラジル代表レジェンドからの助言でユナイテッドへの移籍を決定。

モウリーニョはさらに続けた。

「我々も非常に満足している。彼は本当に好青年で、つきあいやすい。一緒にいると楽しいし、いつも笑顔だ。まだそれほど英語は話せないが、それでも誰とでも話し、お互い理解し合えている」。

ブライトン戦は3-2の敗戦に終わったが、この試合の前に行われたインタビューでフレッジは、試合には常にポジティブな意識で臨みたいと話していた。かつてユナイテッドに所属した彼の同胞がそうだったように。

「ラファエルとファビオのことは知らないんだ。でもアンデルソンは本当に陽気な人だよ。いかにもブラジル人、という感じのね。彼とはいつも笑いあっているんだ。僕らはいつもスマイルだ。僕はこのスピリッツをロッカールームやピッチにも注入したいと思っている。プレーするときもスマイルで。そうすることで、みんなとも早く馴染めるし、フットボールの面でもうまくいっている気がする」

フレッジ
トッテナム戦の試練にもユナイテッドは打ち勝てるとフレッジは信じている

トッテナム・ホットスパー戦に勝利することで、みんなを笑顔にできる。フレッジはこれが『チャレンジ』であることを認識している。スパーズのウィンガー、ルーカス・モウラとは、彼がパリ・サンジェルマンに所属していた時代に言葉を交わしているというが、月曜の試合ではその友情はいったんおあずけだ。

これまでの2戦ですでにフレッジはパワフルな印象を与えてくれた。それがユナイテッドサポーターたちのハートをがっちりつかむ理由にもなっている。

 

フレッジのインタビュー全編は、スタジアムとオンラインで入手可能なオフィシャル・マッチデープログラム、United Review に掲載されている。