click to go to homepage
ラッシュフォード

ラッシュフォードがゴールもショーが負傷交代

ウェンブリーで行なわれたUEFAネーションズリーグ・リーグA グループ4の第1節、イングランド対スペインに、マンチェスター・ユナイテッドの4選手が出場した。マーカス・ラッシュフォードがイングランドの先制点を記録する活躍を見せたものの、2017年3月以来となる代表戦に出場したルーク・ショーは担架でピッチを去るアクシデントに見舞われた。

ショーは、後半開始早々にスペインのダニエル・カルバハルと接触。頭部を打って倒れたショーは、ピッチでメディカルスタッフの診断を受けた後、担架で運び出された。
ショー
ピッチで治療を受けたショーを見守る両チームの選手たち

状態が心配されたものの、意識を取り戻したショーは医師の治療を受けた後で問題なく動けていたと伝えられた。倒れた直後は病院搬送もあり得ると見られただけに、重傷ではなくて安心させられた。

試合後、ショーはTwitterにメッセージを投稿し、ファンを安心させた。

今季開幕から好調を維持しているショーは、11分に先制点をアシスト、カーブを描いたクロスをラッシュフォードの足元に通し、ラッシュフォードはダビド・デ・ヘアが守るゴールをこじ開けることに成功した。

だが、その2分後にはスペインが同点に追いつく展開に。アトレティコ・マドリー所属のサウール・ニゲスがチアゴ・アルカンターラからの折り返しを決めて1-1の同点に追いつく。

デ・ヘア
デ・ヘアが守るゴールをこじ開け先制点を決めたラッシュフォード

チアゴは32分にもアシストをマーク。ロドリゴのゴールで逆転したスペインは、デ・ヘアがそれから失点せずに抑え、2-1で勝利を収めた。

デ・ヘアの見せ場は、後半にジェシー・リンガードのクロスからラッシュフォードが放ったヘディングシュートを右手1本で弾き返した場面だろう。

リンガード
イスコと競るリンガードはフル出場
リンガード、ラッシュフォード、デ・ヘアはフル出場。ジョゼ・モウリーニョ監督は、この試合をスタンドで観戦した。