動画
オーレ

ゴール・オブ・ザ・デー:オーレ

今日の『ゴール・オブ・ザ・デー 』は、2001年10月31日に、我らが指揮官、オーレ・グンナー・スールシャールがリール戦で決めた、彼らしいシャープな一撃を振り返る。

背景:2001-02シーズンのチャンピオンズリーグ。2次ラウンド進出はすでに確定していた。直後にアンフィールドでのリヴァプール戦を控えていたため、サー・アレックス・ファーガソンはこのリール戦ではメンバーをローテーションし、それまでの5試合はすべて途中出場だったスールシャールが、欧州カップ戦で初めて先発出場することになった。その結果・・・

ゴールはどのように生まれた?:右サイドから左側へ走り込んだスールシャールの動きを見逃さずにデイヴィッド・ベッカムが素晴らしいスルーパス。後方からのパスを追いながら巧みにスペースを作りだすと、疾走したまま、ボールをゴールのトップコーナーに蹴り入れた。

試合はその後どうなった?:リールが後半同点に返し、ユナイテッドはグループGをデポルティーボ・ラ・コルーニャに次ぐ2位で終えた。2次ラウンドのシード権を得ることはできなかったが、バイエルン・ミュンヘン、ボアビスタ、ナントがいた2次ラウンドのグループを首位で勝ち抜けると、準々決勝で再びデポルティーボ・ラ・コルーニャと対戦。総計5-2で破って準決勝に進んだが、アウェーゴールの差で惜しくもレバークーゼンに敗れた。

おすすめ: