マグワイア

バーンリー戦はフィットネスが鍵

マンチェスター・ユナイテッドのハリー・マグワイアは、土曜日のバーンリー戦ではいかに選手がフィットしているかが鍵であり、プレシーズンのハードなトレーニングが証明されると語った。

ボクシングデイの試合でレッズはニューカッスルを4-1で破った。しかしターフムーアでの次戦までは48時間しかない。バーンリー戦は、7日間で3試合をこなす過酷な連戦の2試合目にあたる。

しかしマグパイス戦でオーレ・グンナー・スールシャール監督からキャプテンを託されたマグワイアは、彼自身、そしてチームメイトたちもフィットネス状態は極めて良好で、この厳しい連戦にも対応できると確信している。

「我々はフィットネスには自信がある」ニューカッスル戦のあとそう語ったマグワイア。「プレシーズンの間、選手たちはみな必死にがんばった。それはすべてこうした時期に対応するためだ。いまは完全に土曜の試合にフォーカスしているよ」


「もちろんタフなことに変わりはない。プレミアリーグで90分間プレーすれば、疲労は相当だ。けれどそれはどのチームでも同じこと。中には1日余分に中日があるチームもあるけれど、バーンリーは僕らと同じく今日試合している。だから、しっかりと意識を次の試合に向けないといけない」

ニューカッスル戦ではマッティ・ロングスタッフのゴールで先制を許したが、その後アントニー・マルシャルが2点、メイソン・グリーンウッドとマーカス・ラッシュフォードも得点してユナイテッドはオールド・トラッフォードで勝利をものにした。

先週ワトフォードに敗れていただけに、この逆転勝利は選手の士気を高める上でも意義がある。マグワイアは、5月にトップ4以内の位置につけているためには、コンスタントに結果をキープすることだと強調した。

「それがキーポイントだ。良いパフォーマンスを継続し、勝利を重ねていくこと。このリーグではそれが非常に重要なんだ。ここまでは、3、4、5勝と、連勝することができていない。そこがいまの僕たちの課題でもある。僕らのチームは若い。まだ学んでいる最中だ。今日の試合からもいろいろポジティブな収穫があったけれど、いまは次の試合にフォーカスすることが大切だ」

コンスタントに結果を出す上で重要なのはクリーンシートにこだわることだとマグワイアは話した。

「クリーンシートを実現するために、懸命に努力している。それほど大量失点をしているわけでもないが、クリーンシートをとりたいと、我々はがんばっているんだ」


ユナイテッドの攻撃陣の威力とクリーンシートが合体すれば、レッズはどんな相手にも負けることはないとイングランド代表DFは力をこめた。

「彼らに当たりが出て、チームとしても目標どおりのプレーができれば、我々はどんな相手にとっても脅威になる」

ニューカッスル戦では、フォワードの3人全員がネットを揺らした。

「いま我々に必要なのはコンスタントさだ。しかし今シーズンはまだその状態からは程遠い。攻撃陣は快調だ。ディフェンダーとしては、彼らと毎試合対戦するなんてご免だと思ってしまうよ。彼らがこの調子を継続するなら、そう簡単には止められない。重要なのは、調子をキープすることだ」。

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ:

関連キーワード