レアル

レアル・ベティス戦プレビュー

火曜日 07 3月 2023 13:58

3月9 日(木)、マンチェスター・ユナイテッドはレアル・ベティスを迎え、ヨーロッパリーグ・ラウンド16の第1戦に挑む。キックオフは現地時間20:00(日本時間10日5:00)だ。

アンフィールドでのショッキングな敗戦を受け、エリック・テン・ハフ監督には反撃が求められるが、アンダルシア勢はなかなかに手強い相手だ。

彼らはヨーロッパリーグのグループリーグ6試合で5勝し、リーガ・エスパニョーラではチャンピオンズリーグ出場権を争うポジションにつけている。

ここでは、オールド・トラッフォードで行われるこの対戦について、知っておきたい情報を紹介する。

レアル・ベティスがレアル・マドリーを封じる

 記事

木曜のヨーロッパリーグで対戦するレアル・ベティス最新情報。

試合はどこでフォローできる?

現地時間木曜20:00(日本時間金曜5:00)キックオフのこの試合は、イギリスではBT Sport 1とBT Sport Ultimateでライブ放送される。

MUTVでは、18:55(日本時間金曜3:55)から放送開始のマッチデーライブショー内で試合前の準備の模様を中継するほか、試合中は音声によるライブ解説、試合後の分析も独占配信される。

また、ManUtd.comとユナイテッド公式アプリでは、試合中のデータやインタビューなど、マッチデーに役立つコンテンツをお届けする。

チームニュース

ルーク・ショーとジェイドン・サンチョは日曜日のリヴァプール戦でメンバーに復帰したが、サンチョは出場しなかった。

ビク��ル・リンデロフは軽い打撲の症状によりこの試合を欠場、ベティス戦に間に合うかどうかはまだ様子見の段階だ。アントニー・マルシャルは、1ヶ月以上の離脱を強いられている股関節の怪我からまだ回復していない。

さらなる最新情報は、水曜日に行われる試合前の記者会見でエリック・テン・ハフから提供されることだろう。

ベティス側では、フランス代表FWナビル・フェキルは、膝の靭帯損傷で手術を受けたため欠場となる。12月のフレンドリーマッチでは決勝ゴールを決めたフェキルは、すでに今シーズンの残り試合を欠場することが決定している。

同じく影響力のあるセルヒオ・カナレスは、筋肉系の負傷によりリーガ・エスパニョーラのエルチェ戦とレアル・マドリード戦を欠場したが、この第1戦には復帰できる見込みだ。元ブライトンの右サイドバック、マルティン・モントーヤは、ヨーロッパリーグのメンバーには登録されていない。

テン・ハフがリヴァプール戦を総括

 記事

エリック・テン・ハフ監督は、失態を演じた後半の内容に怒りをあらわにした。

フォームガイド

ユナイテッドは日曜日のリヴァプール戦で7-0の大敗を喫し、12試合続いた無敗記録が途絶えた。しかしこの敗戦は、これまで手応えのある戦いをしてきた2022-23シーズンにおける一過性のものであると願いたい。

一方ベティスは、W杯後は安定しない時期が続いている。ホームではバルセロナとセルタ・ビーゴに敗れたが、アウェーではここ5試合で4勝を挙げるなど好調を維持している。

現在リーガ・エスパニョーラでは5位につけ、チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内のレアル・ソシエダから3ポイント差につけている。ペジェグリーニ監督率いるチームは、直近の試合では、エスタディオ・ベニート・ビジャマリンでレアル・マドリードをゴールレスドローに抑えた。

これまでの道のり

レッズは先月、リーガ・エスパニョーラで首位に立つバルセロナに4-3で勝利を収め、ラウンド16進出を決めた。カンプ・ノウで2-2の引き分けに持ち込んだ後、活気に満ちたオールド・トラッフォードでの第2戦では、フレッジとアントニーのゴールにより前半の劣勢から逆転。カタルーニャ勢を撃破した。

レアル・ベティスはグループCを首位で通過し、クリスマス前に自動的にラウンド16への出場権を手にした。ブルガリアのルドゴレツ・ラズグラドやフィンランド王者のHJKヘルシンキらと同居したグループで、アンダルシア勢はジョゼ・モウリーニョ率いるローマに6ポイント差をつけて首位で終えた。

ハイライト:ユナイテッド vs バルセロナ 動画

ハイライト:ユナイテッド vs バルセロナ

オールド・トラッフォードで逆転勝利を収めた試合をチェック。

注目選手

レアル・ベティスの得点源はボルハ・イグレシアスだ。彼は、全コンペティション合わせて10ゴール(うち5ゴールはPK)を挙げている。“パンダ”の愛称で親しまれる30歳は、トップレベルでは遅咲きと言える存在で、2018-19シーズンにエスパニョールでブレイクした後、ベティスに移籍した。2022年のリーガ・エスパニョーラで最も多くの得点をあげたスペイン人選手となり、咋秋にはラ・ロハのA代表に初招集されている。

ベティスにとって重要な歯車はカナレスだ。元レアル・マドリーの彼は今シーズン、リーガの19試合で6点に絡んでいる。ワールドカップに優勝したアルゼンチン代表コンビのヘルマン・ペッセッラとギド・ロドリゲスは強固な背骨を形成し、ロドリゲスは中盤の真ん中でポルトガル人のウィリアム・カルバーリョと組むことも多い。

元マンチェスター・シティーのGKクラウディオ・ブラボが今シーズンのヨーロッパリーグでゴールを守っているが、第1GKのルイ・シルヴァが負傷中につき、リーグ戦でも直近の3試合で彼が守護神を任されている。

木曜の対戦でレアル・ベティス躍進の鍵を握るセルヒオ・カナレス

ヨーロッパリーグのその他の対戦

17:45 (日本時間10日2:45)キックオフ

バイエル・レバークーゼン vs フェレンツバロシュ
ローマ vs レアル・ソシエダ
スポルティング vs アーセナル
ウニオン・ベルリン vs ウニオン・サンジロワーズ

20:00 (日本時間10日5:00)キックオフ

ユベントス vs フライブルク
ユナイテッド vs  レアル・ベティス
セビージャ vs フェネルバフチェ
シャフタール・ドネツク vs フェイエノールト

 

おすすめ: