オーレ

リーズ戦へ向け、フルメンバーで練習

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、ルーク・ショーは、2-0でユナイテッドが勝利した土曜のパース・グローリー戦で負傷したが、月曜のトレーニングには参加し、回復の兆しを見せている。

昨シーズンのサー・マット・バスビー年間最優秀選手賞を受賞したショーは、オプタス・スタジアムで行われたパース・グローリー戦の終盤、若きMFジェームズ・ガーナーと交代。ガーナーはその後、見事なロングシュートを決め、ファーストチーム初ゴールをマークした。

試合のあと、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ショーの状態について、ハムストリングに張りがあるようだと説明。しかし月曜のWACAでのトレーニングでは、ショーは全体練習に参加していた。

より詳しい状況については、火曜のオーストラリア時間10時から行われる会見で、監督から語られる予定だ。

オーレ
月曜のトレーニングに参加したルーク・ショー

けが人が続々復帰

パース・グローリー戦を欠場したリー・グラント、エリック・バイリー、ビクトル・リンデロフ、ロメル・ルカクらも、月曜の全体練習に参加していた。

この4人が、ツアー2019第2戦目となる水曜のオプタス・スタジアムでのリーズ・ユナイテッド戦にメンバー入りするかどうかはいまのところ不明だが、(試合はMUTVで生中継される)、こちらも火曜の会見で、監督から明かされることだろう。

スールシャール監督は、選手全員がプレータイムを得られるよう配慮する意向を示している。パース・グローリー戦では、28人のツアーメンバーのうち23人が起用された。

 

月曜は2部練習

日曜をリカバリーにあてた後、翌日の月曜は2部練習を敢行、午前中と夕方にトレーニングを行った。

フォトグラファーがとらえた映像では、トレーニングは密度の濃い内容で、理想的なコンディションの中、オーストラリアでの合宿は順調に成果を上げている。

しかしレッズのオーストラリアでの日々は間もなく終わりを迎えようとしている。火曜のトレーニングのあとは、水曜にリーズ・ユナイテッドと対戦、木曜にはツアー2019後半戦のシンガポールへ向けて旅立つ。ここではインターナショナル・チャンピオンズカップでインテル・ミランと対戦することになっている。

リーズ戦とその他のプレシーズンマッチは、MUTVで視聴できる。クラブの公式テレビチャンネルは、MUTV.com 上のほか、公式アプリ、Amazon Fire、Roku、Xbox、Apple TV で視聴できる。


おすすめ:

関連キーワード