click to go to homepage
ラッシュフォード

最新チーム情報

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マーカス・ラッシュフォードとルーク・ショーが2018-19チャンピオンズリーグ初戦、ヤングボーイズとの一戦に出場することを明かした。

スイスに到着してから数時間後の会見で、監督はディオゴ・ダロトがユナイテッドデビューを飾る可能性、そしてアントニオ・バレンシアが今回の遠征に帯同していないことを明かした。

ラッシュフォードは、9月2日に行なわれ、2-0でユナイテッドが勝利したバーンリーとのプレミアリーグ戦でレッドカードを受けたため、国内リーグ3試合で出場停止処分を科された。つまり、9月29日のウェストハム戦まではプレミアリーグの試合に出られない。

エレーラがCLの対戦相手を分析 article

アンデル・エレーラがチャンピオンズリーグの対戦相手を分析

だが、UEFAの大会には出場可能だ。モウリーニョ監督は、メディアの前で同選手を水曜の試合に出場させることを明言した。

「彼は出場する」と語ったモウリーニョ監督は、選手層の厚さにより、ユナイテッドではプレータイムを与えられないアンラッキーな選手がいることの理解を求めた。

「はじめに言っておきたいが、我々は11人しか先発に起用できない。明日になれば、出場する選手と、出場しない選手について議論されるのだろうが、チームにはルカク、ラッシュフォード、マタ、アレクシス、マルシャルがいて、彼らを同時には使えない。だから、出場する選手にとっては満足いく伝え方にしてもらいたいし、プレーしない選手のことは批判しないでもらいたい」

監督は、昨季のグループステージでもアウェイゲームには1試合しか出場しなかったバレンシアの欠場理由について、ヤングボーイズ本拠地スタッド・ドゥ・スイスのグラウンドを挙げた。

「アントニオ・バレンシアを連れてこなかった理由は、人工芝でプレーさせるべきではない状態の膝だからだ。それでルーク・ショーを加えた。ワトフォード戦後にも話したが、ルーク・ショーは明日の試合でプレーする。彼以外では、ディオゴ(ダロト)、アシュリー・ヤング、(マッテオ)ダルミアンが出場準備を整えている状態だ」

article

「バレンシアを守る必要がある唯一の選手だ。それ以外では、試合に勝てるように全力を尽くす」

19歳のダロトは、U-23では2試合に出場している。ファーストチームデビューを飾れば、ユナイテッド史上5人目のポルトガル出身選手になる(クリスチアーノ・ロナウド、ナニ、べべ、ジョエル・ぺレイラ)。