click to go to homepage
監督

監督がウルヴズ戦を総括

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドがウルヴズと1-1で引き分けた試合後、失望感を隠さなかった。MUTV、会見でも監督は言い訳を口にしなかったものの、選手たちの貢献度には満足していなかった。

結果に不満はない

 彼らは試合に立ち向かった。この結果は相応しい。なぜなら、彼らは、私が好む形でプレーしていたからだ。まるで、ワールドカップ決勝を戦っているかのようにね。そういう姿勢を、毎試合でチームにも持ってもらいたい。彼らにはその姿勢があって、我々にはなかった。彼らの姿勢が違いを生んだ。相手は試合開始から集中していた。すべてのポゼッション、あらゆる瞬間に最高レベルのインテンシティを投じていた。それが我々にはなかったことだ。入り方も良くなく、前後半ともにインテンシティも低かった。全力を出さなければ勝つのは難しい。

教訓が必要

毎試合が大事というのは、幼い頃に入るアカデミー時代に学ぶこと。それを最高レベルで学ぶ必要などない。フットボールの基本だ。ポテンシャルを出し尽くさないといけない。最高に集中していないといけない。弱い相手しかいない弱小リーグで、20%の力だけで勝てるようなリーグでなければね。そういうリーグでないことは全員がわかっていることだ。良くない試合の入り方だった。彼らより先にゴールを決められたのはラッキーだった。リードして、後半もインテンシティが低く、失点した。それから反応したが、ファイナルサードで創造的で、シャープなプレーができなかった。チャンスはあったが、十分ではなかった。

監督
試合後ウルヴズのヌノ監督と握手

スパーズ戦の時より腹立たしい

 今日の試合でのプレーよりも内容が良いプレーを期待していた。もしトッテナム戦のようなプレーをウルヴズを相手にしていたら、きっと勝てただろう。矛盾しているかもしれないが、トッテナム戦の時より残念に思っている。たしかにトッテナム戦には負けたが、チームのパフォーマンスは非常に良かった。今日の方が良い結果で、勝ち点ゼロより1の方が良いが、チームのパフォーマンスは好きではない。

何を変えるべきか?

 私自身が試合に向けた姿勢を変えたことがないので、なんとも言えない。説明するのは難しい。アウェイで3連勝して、ホームに良い形で戻って来られた。挽回してホームに戻って来られたので、落ち着いていたのだろう。それで試合の入り方がまずかった。チャンピオンズリーグでの試合を終えて、酷いピッチでの試合を終えて、天然芝とは異なる状況で肉体への影響があって、試合後すぐにホームに戻らなかった云々を含め、こういう話ならいくらでもできる。しかし、(ジェシー)リンガードとアレクシス(サンチェス)はチャンピオンズリーグ戦には出場しなかった。(マルアン)フェライニは20分から25分程度だったし、フレッジも60分程度。(アントニオ)バレンシアはプレーしなかったわけで、試合の日程が詰まっていることによる大きな影響はなかった。精神的な部分、それから姿勢を変えるべきなのだろう。人生がかかった試合をしたチームと、あまりにもリラックスしたチームとが対戦した試合だった。

ウルヴズの同点

選手たちが完全に把握していた状況だった。ポルトガルの、プレスを仕掛けてくるMF2人は、短い距離でもプレスをかけるプレーを好む。ボールを長く持たせない選手だ。ターンするか、せいぜい2タッチだろう。そういう状況はあまりない。だから受け入れるのが難しい失点場面だ。しかし、失点は失点で、違った姿勢を見せる時間は90分ある。もっと良いプレーをしないといけない。

ミッドウィークの試合が影響した?

 言い訳にはしたくない。我々はプロだ。多少の影響はあっても、リンガードとアレクシスはプレーしなかった。彼らは完全にフレッシュで、今日のメンバーだった。

フレッジはプレミアリーグに適応している

 徐々に慣れてきている。特にチームがボールを持っている場面でね。彼は力のある選手だ。

サー・アレックスの帰還

マンチェスター・ユナイテッドファミリーにとってだけでなく、全員にとってファンタスティックなニュースだ。世界中にとって良い報せだ。彼が戻り、元気な状態なのは全員にとって朗報。