click to go to homepage
ハダースフィールド戦で活躍したマタ

マタ:VARはフェアな判定の助けになる

やぁ、皆。 これを書いているいま、僕の思いはすでにセビージャに飛んでいる。みんなも知っての通り、今週の水曜にそこでとても重要な対戦がある。きっとみんなはVARについての僕の意見を心待ちにしてると思うけれど、それはもうちょっと下の方に書いたよ;-)

チャンピオンズリーグが再開するということで、僕たちの間にもなんともいえない雰囲気が漂っている。この偉大なトーナメントで、最高のパフォーマンスがしたい!と僕たちはみんなこの試合を心待ちにしているんだ。僕にとっては、母国での試合ということでとくに思い入れがある。彼らの本拠地、サンチェス・ピスファンでは、いつだって地元のサポーターが熱狂的にチームを応援する。白熱した試合になることを期待しているよ。そして、オールド・トラッフォードでの2戦目に良い形でつなげられるようなスコアをゲットしないとね。

 

ハダースフィールドに勝ってFAカップのラスト8入りを決めたことは、また新たな自信になった。彼らは相当プレッシャーをかけてきた。とくに前半戦はものすごかった。でもチャンスをうまくものにして、次のラウンドに駒を進めることができた。準々決勝の対戦相手はブライトンだ。

ハダースフィールド0-2ユナイテッド動画

VARの判定で無効になった僕のゴールについては、様々な意見が飛び交っているようだ。僕にとっては初めての経験だった(チームメイトのほぼ全員にとっても同じだったと思う)。正直、ゴールを祝ったあとで取り消しになるというのは、びっくりするし、とてもがっかりする。でも今回はこのゴールが勝敗を分けるものでなかったのは幸いだった。

試合のあともいくつかのインタビューで話したように、今回は僕らにとって有利な判定にはならなかったけれど、将来的にはVARはレフェリーの助けになるシステムだと思う。レフェリーの仕事はものすごく厳しいものだし、フットボールにより正義がもたらされることになると思う。たったひとつのアンフェアな、あるいは間違った判定で、重要な結果を招くことだってある。降格が決まったり、監督が更迭される、といったようなことだ。

だからできる限り正確な最終判断は望ましい。VARはその助けになると僕は考えているよ。テクノロジーの力で、フットボールはよりフェアになる。それにここ最近はとくに、フットボールでは結果が何よりも重要になってきているからね(この件についてだけでも一冊の本が書けそうだ :-))。

ただ、テクノロジーを使った判定は、特定の、決定的なアクションの時だけに限るべきだと思う。でないと試合がひんぱんに中断されることになってしまうから。そして最終決定がより短い時間でスムースに下されるようになることを願っているよ。土曜日の試合のような感じではなくてね・・・。

オフサイドで無効に
オフサイドで無効となったハダースフィールド戦でのマタのゴールシーン

今週は、重要な一週間になる。

セビージャ戦のあとにはチェルシーとの対戦がある。いろいろな理由でビッグマッチになるけれど、僕にとってはとくにスペシャルだ。シーズンの中でもとくに厳しい対戦のひとつだし、ファンに喜びをもたらすことができる機会だからね。でも今はただただ、チャンピオンズリーグのセビージャ戦に集中している。

彼らはリーガの上位につけている。先週末の試合にも勝っている。バルセロナ、アトレチコ、レアル・マドリードら、上位陣が揃って勝ち星をあげて、来年のチャンピオンズリーグ出場権をめぐる戦いは終盤戦に向けてますますタイトになってきているね。

今週もハッピーな1週間になりますように!

それじゃぁ、また。

フアン