ユナイテッド

マルティネスの状態に慎重なアルゼンチン代表

木曜日 07 9月 2023 13:28

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ監督は、エクアドルとのワールドカップ予選にマンチェスター・ユナイテッドのリサンドロ・マルティネスを起用しない可能性を示唆した。

アルゼンチンは、2026年にカナダ、メキシコ、アメリカで開催される大会に向け、ホームゲームから予選をスタートさせる。

南米予選では、出場枠が6用意されている。スカローニ監督は、カタールで優勝を果たしたチームでの指揮を執り続けている。

9月の代表ウィークガイド

 Artículo

新加入ソフィアン・アムラバトを含め、各国代表に招集された選手たちを紹介。

マルティネスは、アーセナル戦でユナイテッドの傑出したパフォーマーの一人であったが、67分に足に違和感を覚え、ハリー・マグワイアと交代した。

エリック・テン・ハフ監督は、アーセナル戦後、同選手の状態について負傷かどうかはわからないと語り、マルティネスは予定通り母国代表に合流した。

スカローニ監督は「ご存知のように、リチャは足に問題を抱えていた。前回の試合(アーセナル戦)で痛みを訴えて、念のために交代した。検査を受けた結果、良好だ」と語った。

「彼を使うかどうかは、これから判断する。まずは明日の試合は時期尚早だろう。2試合目にどうなるか、見極めたい」

次の試合は火曜日のボリビア遠征で、アルゼンチンにとっては南米予選で最初のアウェイ戦になる。

アレハンドロ・ガルナチョもメンバー入りしており、大舞台で実力を発揮することでさらに評価を高めたいところだ。現地メディアは、ガルナチョがエクアドル戦でベンチ入りする可能性が高いと伝えている。

おすすめ: