ショー

ショー「オールド・トラッフォードで2発は最高!」

やぁみんな!僕たちはついに、先週末、オールド・トラッフォードで11対11のゲームをしたよ!いやあ、盛りだくさんの内容だった。

ソーシャルメディアでも、いろいろな噂が出回っているようだけれど、ここで正式に発表すると、試合は4-4のドロー。そして僕は2ゴールをあげた!あと僕たちのチームでゴールしたのは、ブルーノ(フェルナンデス)とジャモ(ダニエル・ジェームズ)だ。相手チームでは、ラッシー(マーカス・ラッシュフォード)とオディオン(イガロ)が2点ずつ入れたよ。

正直、僕の1点目のゴールはかなり良かった。ブルーノが素晴らしいクロスをくれたから、ボレーで叩き込んだ。良い気分だったね。2本目は、ゴール前に上がったら、フアン(マタ)がペナルティエリアのエッジのところで僕にパスをくれたから、蹴り込んだ。

試合はかなりオープンゲームになった。なんといっても試合形式でやるのは久々だった。

みんなの動きも良かったし、なにより少しでも実戦に近い形を体験できたのは収穫だ。トレーニンググラウンドでやるのとはだいぶ違うから、大きな前進だったと言える。

久々のオールド・トラッフォード!動画

それに、オールド・トラッフォードで、シーンと静かな中でプレーするのがどんな感じかを体験する良い機会だった。まったく違う感じだったよ。スタンドがからっぽだと、ピッチが広く感じるんだね。それに、試合では、疲れてきたときにファンから応援をもらって元気が出たりすることがよくあるけど、そういったサポートなしに、自分たちでその感触をつかまないといけない。そういった意味でも、オールド・トラッフォードでのゲームは、ものすごく良い練習になったよ。

とにかく自分たちでめいっぱい声を出したんだ。本番でもそうやってやっていかないといけないからね。

でも、大事なのは、これで大きく前進できたってことだ。ワクワク感もいっそう増してきて、みんな早く試合をやりたくてたまらない。このあとトレーニンググラウンドのほうでも、いくつか練習試合が予定されている。スパーズとの本番までに、できるだけ感触を取り戻しておかないとね。


再開一戦目からさっそく激戦だけど、両チームとも、怪我人もなく、万全な状態で臨むだろうから、良いゲームになるだろうね。楽しみでたまらないよ。

トレーニングでの様子を見る限り、選手たちはみんなキレがあってフィットしている。いつでも準備オーケーって感じだ。中断する前の状態にできるだけ早く戻ることが大切だ。そして、チャンピオンズリーグ出場権がゲットできる位置まで順位を上げたい。僕たちはみんな、それを望んでいる。

ロックダウンになった頃、僕らは良い感じの流れの中にいた。11試合負けなしで、良い試合ができていた。

ただゴールを決めるだけじゃなく、全員が良い仕事をしていた。相手にやすやすと決めさせなかったし、どのチームも、僕たちとやるのは厳しいと感じていたはずだ。そのときのことを思い出さなきゃね。けが人も復帰したことで、前以上の戦力で突き進めるよ。

選手がそろったことで、監督にとってはメンバー選びが難しくなるだろうけど、前にも何度も言っているように、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブじゃ、それは避けられないことだ。

監督にとって、選ぶのに困るくらいのチームでなくちゃいけない。ここは世界で一番ビッグなクラブで、ユナイテッドが本来いるべき場所にいるために、戦力を総動員して、あらゆるタフなコンペティションに僕らは挑むんだ。

みんなもどうかお大事に、元気で過ごしてくれよ。

ルーク

クラブ公式アプリでより詳しい情報をゲットしよう。ダウンロードは、こちらから。


おすすめ: