click to go to homepage
マルシャル

ユナイテッド 2-1 エヴァートン

アントニー・マルシャルとポール・ポグバのゴールにより、マンチェスター・ユナイテッドはオールド・トラッフォードでのエヴァートン戦に2-1で勝利を収めた。

前半にPKを獲得したユナイテッドは、キッカーを務めたポグバがGKジョーダン・ピックフォードに弾いたシュートを冷静に押し込んで先制したものの、決して順調な展開にはならなかった。好調を維持するマルシャルが後半に追加点を決めてリードを拡大。マルシャルは、リーグ戦ここ3試合で4ゴールを決める活躍だった。だが、プレミアリーグ3連勝中のエヴァートンに後半1点を返され、あわやの場面を作られるなど、簡単な試合ではなかった。

序盤から試合をコントロールし優勢だったユナイテッドだったが、運に助けられた部分もあった。主審のジョナサン・モスは、ペナルティエリアに侵入したマルシャルに対するイドリッサ・ゲイェのファウルを取ったが、リプレーを見ると、ゲイェはマルシャルが倒れる前にボールに触れていたようにも見えた。その5分前にはフレッジに対するファウルでイエローカードを受けていただけに、ゲイェは気が気ではなかったはずだ。結局モスはPKを与えるだけで十分と判断し、同選手に2枚目のカードは出されなかった。

PKキッカーのポグバは、トレードマークにもなっているゆっくりとした助走からシュートを放つもピックフォードに弾かれた。しかし、こぼれ球をポグバが落ち着いて蹴り込み、ユナイテッドが先制する。

この日の攻撃の中心はマルシャルだった。先制シーンの前にもフアン・マタのヘディングシュートに繋がるクロスを供給するなど、左サイドからカットインを仕掛け、オールド・トラッフォードのファンを興奮させるプレーを続けた。

今節はロメル・ルカクに代わりセンターFWを務めたマーカス・ラッシュフォードは、ポグバのシュートをピックフォードが弾いたボールを拾ってゴールネットを揺らすも、オフサイドフラッグが揚がる。

エヴァートンは、ギルフィ・シグルズソンのヘディング、セオ・ウォルコットの左足によるシュートが見られたものの、ダビド・デ・ヘアの牙城を崩せず、ユナイテッドが1点のリードを保持したまま前半を折り返した。

ポグバ
先制点を決めたポグバ

前半の展開から1-0のリードでは安心できないのは、誰もがわかっていた。後半開始後、エヴァートンはリシャルリソンがゴール前に襲い掛かり、その不安は的中。しかしユナイテッドは、マルシャルの活躍により、リードを広げることに成功した。

パスを受けたポグバに対し、オールド・トラッフォードのファンはシュートを求めたが、フランス出身MFの選択はマルシャルへのパスだった。サー・ボビー・チャールトン・スタンド、ストレトフォード・エンドの見晴らしの良い席から見ていたファンは、マルシャルがシュートを放った瞬間、ピックフォードの手をすりぬけゴールネットを揺らすことに気づいたはずだ。

マルシャルによるトップクラスのフィニッシュにより、ユナイテッドがリードを広げた。

2-0になってからも、気の抜けないシーンは多かった。ベルナルドがデ・ヘアを越して絶好のシュート機会を得るも、放たれたボールはサイドネットを揺らして救われる。そして65分、ジョゼ・モウリーニョ監督は、最初の交代カードを切った。

試合前、自信を失っているルカクを先発から外す可能性を示唆した監督だったが、古巣相手に同選手を使うことを決断。当然ながら、ルカクはエヴァートンファンから歓迎されなかった。

モウリーニョ監督は、ユナイテッドが大半でコントロールできていたことでテクニカルエリアに姿をあまり見せなかったものの、ベンチから戦況を見て流れが変わり始めていたことを感じ取っていた。そしてピッチサイドから指示を送り始めると、予想通りリシャルリソンにチャンスを作られてしまう。

気の緩みが見られたユナイテッドは、その代償を支払うことに。クリス・スモーリングが76分にリシャルリソンをペナルティエリア内で倒してしまい、エヴァートンにPKを献上。これをシグルズソンに決められ、1点差に迫られる。

後半の追加タイムが6分と表示された瞬間、スタンフォード・ブリッジでの手痛い失点を誰もが思い返しただろう。そんな中、マルシャルがピックフォードと1対1の状況を作り、勝負を決める3点目をあげられるかに思われたが、デュエルを制したのはエヴァートンの守護神だった。

しかしながら、ユナイテッドが1点のリードを守り抜き、チームにとって必要だった勝ち点3を獲得した。

マルシャル
アントニー・マルシャルのシュートを防いだジョーダン・ピックフォード

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング(C)、リンデロフ、スモーリング、ショー、フレッジ(90分にリンガードと交代)、マティッチ、ポグバ、マタ(85分にエレーラと交代)、ラッシュフォード(65分にルカクと交代)、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ダルミアン、ロホ、アレクシス

イエローカード:スモーリング、マティッチ

得点:ポグバ(27分)、マルシャル(49分)

エヴァートン:ピックフォード、コールマン、キーン、ズーマ、ディーニュ、ゴメス、シグルズソン、ベルナルド(62分にルックマンと交代)、ウォルコット(77分にカルヴァート・ルーウィン)、ゲイェ(77分にトスンと交代)、リシャルリソン

出場機会のなかったサブ:ステケレンブルフ、べインズ、ミナ、デイヴィス

得点:ポグバ(27分)、マルシャル(49分)

イエローカード:ゲイェ

得点:シグルズソン(77分 PK)

観衆:7万4525人

関連キーワード