レヴィット

ディラン・レヴィットがクロアチア1部のNKイストラ1961に期限付き移籍

マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィールダー、ディラン・レヴィットが、ファーストチームでの経験を積むべく、今シーズン末までの期限付きでクロアチア1部リーグのNKイストラ1961に移籍することが決まった。

ウェールズ代表のレヴィットは、さらに成長すべく、国外でプレー経験を積むことを選択した。

レヴィットは昨シーズン、ヨーロッパリーグのアスタナ戦でファーストチームデビューした。その後チャールトン・アスレティックに短期間所属したあと、1月にユナイテッドに戻っていた。

国際移籍証明書が整い、移籍手続きが完了していれば、レヴィットは水曜に行われるクロアチアカップのラウンド16、対HNKシベニク戦でデビューする可能性もある。

現在、U-23チームに所属していたユナイテッドのアカデミー卒業生9人が、他クラブに期限付きで移籍して経験を積んでいる。彼らが戻った時には、ユナイテッドは彼らのその経験の恩恵を得ることだろう。

それと同時に、彼らの離脱で空いたU-23チームのポストには、次世代の若手選手がステップアップできる。

マンチェスター・ユナイテッドの関係者一同は、ディランの新天地での挑戦を応援している。そしてアルド・ドロシナスタジアムでの彼の成長を、しっかりフォローしている。

おすすめ:

関連キーワード