click to go to homepage
アレクシス

ユナイテッド 3-2 ニューカッスル

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでのニューカッスル戦で、スリリングな逆転勝利を収めた。前半10分までに2点を先行されながらも、90分にアレクシス・サンチェスが決勝点を決め、3-2で勝利。フアン・マタ、アントニー・マルシャルの得点で試合を振り出しに戻し、最後はアレクシスが劇的なフィナーレ弾を叩き込み、ジョゼ・モウリーニョ監督のユナイテッドが勝ち点3を獲得した。

序盤はあまりにもショッキングな展開になった。ニューカッスルの攻めに対応しきれず、早々に2点を追う展開になってしまったからだ。プレミアリーグでの26年で、オールド・トラッフォードでの試合で開始10分に2点先行されたのは、今回が初のことだった。

まず7分に、モウリーニョ監督がチェルシー時代に獲得したケネディが、アシュリー・ヤングをかわして左足で先制点を決め、ホームのユナイテッドサポーターを驚愕させた。

ショックを受けたサポーターが落ち着きを取り戻す前に、さらに追い打ちをかける事態になってしまう。次にゴールネットを揺らしたのは、日本代表の武藤嘉紀。ペナルティエリア内でボールを受けた武藤は、ケネディと同様に自信を持ってシュートを放ち、ニューカッスルがリードを2点に広げる。

ユナイテッドサポーターは、すぐさま“United we love you”というチャントでチームを後押し。ジョンジョ・シェルヴィーにもシュートを許してしまったが、ここはダビド・デ・ヘアがセーブ。モウリーニョ監督は、早々と選手交代を決断し、19分にエリック・バイリーを下げ、マタをピッチに送り込んだ。交代出場のマタは、マーカス・ラッシュフォードに代わって右サイドでプレーするようになり、ラッシュフォードは中央よりでロメル・ルカクと並んでプレー。

その3分後、この交代から決定機が生まれる。右サイドからルカクがクロスを上げ、ラッシュフォードがヘディングシュート。だが、これはわずかにワイドに流れてしまう。34分には、ニューカッスルがユナイテッドにさらなるダメージを負わせようとチャンスを作り、武藤がゴール前でヘディングシュートを見せるも、デ・ヘアがファインセーブで失点を防ぐ。

ルカク
ボールを持って前に進むロメル・ルカク

監督は後半開始からスコット・マクトミネイを下げてマルアン・フェライニを中盤に送り込み、最終ラインはネマニャ・マティッチ、ポール・ポグバ、クリス・スモーリングの3選手で構成する形を取った。

それでもポグバは攻撃に参加し、パスを回収して前でプレー。ポグバのシュートはニューカッスルGKのマルティン・ドゥーブラフカに弾かれたものの、こぼれ球がマティッチの足元に。合わせればいいだけのボールだったが、マティッチのシュートは枠を外れてしまう。

マグパイズに強い圧をかけ始めたユナイテッドは、ポグバが再びチャンスメーク。55分にラッシュフォードにクロスを上げるも、ヘディングシュートは再びワイドに外れてしまい、ゴールが遠い。

モウリーニョ監督は、最後の交代枠を使ってアレクシスを投入。しかし、まず反撃の口火を切ったのは、最初の交代選手であるマタだった。70分、狙い澄ましたフリーキックを直接決めて1点を返し、スタジアムの雰囲気が変わり始める。

ユナイテッドはドゥーブラフカに次々に襲い掛かるも、フェライニとスモーリングのシュートは弾き返されてしまう。

次第にサポーターの歓声は大きくなり始め、展開が変わるのは必須の状況になりつつあった。

その歓声レベルが高くなったのは、マルシャルが同点ゴールを決めた瞬間だった。ポグバとのワンツーからのシュートでドゥーブラフカが守るゴールをこじ開け、ついに試合を振り出しに戻すことに成功。

逃げ切りを図ろうとするニューカッスルだったが、このムードになったらユナイテッドの猛攻を止められる手立てはない。

ポグバ
後半のプレーを引っ張ったポール・ポグバ

モウリーニョ監督も、テクニカルエリア内で感情を表現してスタンドの熱気を上げる役割を担い、ラインを割ったボールを走って取りに向かい、チームに力を与えた。

ニューカッスルが対応できないほどのプレーを見せ始めたユナイテッドは、90分にアレクシスが今季初ゴールをマークし、逆転に成功。

他の選手とともにボックス内に入り込んでいたアレクシスは、ヤングのクロスを頭で合わせて決勝点を決め、オールド・トラッフォードのスタンドを爆発させた。

アレクシス
決勝点を決めたアレクシス・サンチェス

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング(キャプテン)、バイリー(19分にマタと交代)、スモーリング、ショー、マクトミネイ(45分にフェライニと交代)、マティッチ、ポグバ、ラッシュフォード(66分にアレクシスと交代)、ルカク、マルシャル

出場機会のなかったサブ:ロメロ、リンデロフ、アンドレアス、フレッジ

ニューカッスル:ドゥーブラフカ、イェドリン、ラッセルズ、フェルナンデス、マンキージョ、リッチー、シェルヴィー、ディアメ、ケネディ(67分にマーフィーと交代)、ぺレス(88分にホセルと交代)、武藤(78分にアツと交代)

出場機会のなかったサブ:ダーロウ、クラーク、シェア、ヘイデン

ゴール:ユナイテッド:マタ(70分)、マルシャル(76分)、アレクシス(90分)/ニューカッスル:ケネディ(7分)、武藤(10分)

イエローカード:ユナイテッド:ショー、ポグバ/ニューカッスル:リッチー、ディアメ

観衆:7万4519人

次戦は
インターナショナルウィークにより、プレミアリーグは2週間後に再開される。ユナイテッドの次戦は、10月20日(土)のランチタイムにスタンフォード・ブリッジで行なわれるチェルシー戦だ。

関連キーワード