ラッシュフォード

ラッシュフォードがPFA年間最優秀若手選手賞候補に選出

マーカス・ラッシュフォードが、昨シーズンに続いて2年続けてPFA年間最優秀若手選手賞候補に選出された。

2018-19シーズンもマンチェスター・ユナイテッドで成長を続けているラッシュフォードが、候補に選ばれた。

今季から10番のユニフォームを受け継いだラッシュフォードは、キャリアイヤーと呼べるシーズンを送っている。

負傷により離脱した時期もあった中、プレミアリーグで初の二桁ゴールを記録。今シーズンのハイライトは、チャンピオンズリーグ準々決勝進出を決めた、パリ・サンジェルマンとの第2戦終了間際に成功させたPKだろう。

動画
ラッシュフォード
フランスでのPSG戦でPKを決めたラッシュフォード

昨年の10月に21歳の誕生を迎えたラッシュフォードは、今年1月にホームで行われたブライトン戦で、クラブ150試合出場を達成。同試合ではゴールを決めた。

また1月には、ユナイテッドとプレミアリーグの月間最優秀選手賞を受賞。そしてウェンブリーでのトッテナム戦でのゴールは、ファンが選ぶ月間ベストゴールに選ばれた。

今季は、キャリア初となるリーグ4試合連続ゴールもマーク。あと1ゴール、1アシストでパーソナルベストを更新する。

昨季のPFA最優秀若手選手賞には、マンチェスター・シティーのリロイ・サネが選出された。

クラブ全関係者は、マーカスの同賞候補選出を嬉しく思っている。

ラッシュフォード
1月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞を受賞したマーカス

ラッシュフォードの個人スタッツ

2018-19シーズン:42試合、13ゴール、9アシスト
2017-18シーズン:52試合、13ゴール、9アシスト
2016-17シーズン:53試合、11ゴール、6アシスト
2015-16シーズン:18試合、8ゴール、2アシスト

上記スタッツは年間でのもの

PFA最優秀若手選手賞とは?
23歳以下の選手で、イングランドフットボールのシーズンでもっとも成長した選手に贈られる。同賞は、1973-74シーズンに設けられた。

ユナイテッドから受賞した選手は?
過去、8シーズンで6選手が受賞。初めて受賞したのは1984-85シーズンのマーク・ヒューズ。その後は1991年から93年にリー・シャープ、ライアン・ギグス(2回)が受賞し、1996-97シーズンにはデイヴィッド・ベッカムが輝いた。そして2004-05、2005-06シーズンにはウェイン・ルーニーが、2006-07シーズンにはクリスチアーノ・ロナウドが受賞した。

PFA賞を受賞したガリー・パリスターとライアン・ギグス
PFA年間最優秀若手選手賞を2度受賞したライアン・ギグス

誰に投票権がある?
プロフェッショナルフットボール協会の賞なので、投票権を持つ選手によって決まる。それだけに、選手にとって名誉ある賞として認知されている。

受賞者の発表は?
授賞式は4月28日(日)にロンドンのグロブナー・ホテルで執り行われる。オールド・トラッフォードでのチェルシー戦を終えてから数時間後に予定されている。

その他の候補は?
マンチェスター・シティーのラヒーム・スターリングとベルナルド・シウバ、ウェストハムのデクラン・ライス、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、ボーンマスのデイヴィッド・ブルックス。

おすすめ:

  • 最新チーム情報 article

    日曜のエヴァートン戦に向けて、スールシャール監督が現在のけが人状況などを明かした

  • フォス・メンサーが復帰 article

    膝の手術を終えたフォス・メンサーがユナイテッドに戻ってリハビリ