click to go to homepage
ヤング

クリスタル・パレス 1-3 ユナイテッド

ロメル・ルカクとアシュリー・ヤングのゴールにより、マンチェスター・ユナイテッドはセルハースト・パークでのクリスタル・パレス戦に3-1で勝利し、クラブ新記録のアウェイ8連勝を達成した。

ユナイテッドは、ルカクのゴールで先制して前半を折り返すと、ルカクがクリス・スモーリング、ビクトル・リンデロフのヘディングで繋がったボールを華麗なボレーで押し込みリードを広げた。

パレスのジョエル・ウォードにダイビングヘッドで1点を返されたものの、キャプテンのヤングがタイトな角度からのシュートを蹴り込み、勝利を大きくたぐり寄せた。

ユナイテッド
ボールを前に送るアレクシス・サンチェス

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、リヴァプール戦で負傷したアンデル・エレーラ、フアン・マタ、マーカス・ラッシュフォードに代えて、フレッジ、ディオゴ・ダロト、アレクシス・サンチェスを先発に起用。

ピンクのアウェイユニフォームでセルハースト・パークのピッチに立ったユナイテッドは、10分に決定機を作る。ルーク・ショーのコーナーキックにルカクがボレーを合わせたが、これはバーを越す。

ホームのパレスも、ジェームズ・マッカーサーの低いクロスにアンドロス・タウンセンドがシュートで終わったが、右に流れた。

試合が動いたのは30分を過ぎてからだだった。ショーがボールを保持してタウンセンドをかわし、ルカクにパス。ボールを受けたルカクが蹴った巻き込むような回転のボールに、GKのビセンテ・グアイタが反応しきれず、ユナイテッドが先制に成功する。

ロングレンジからのシュートで知られるタウンセンドが、ボックスの外でスペースを作って左足でシュートもワイド。同選手からのクロスにジェフリー・シュルップが反応するも、枠をとらえられない。

後半開始からプレッシャーをかけたのはユナイテッドの方だった。より攻撃的なポジションでプレーしたダロトからのクロスにポール・ポグバが頭で合わせるも、これはバーを越えてしまう。

 

だが、ユナイテッドが追加点を決めるまでにさほど時間はかからなかった。コーナーキックからパレスがクリアーできなかったボールを、スモーリングとリンデロフが頭で繋ぎ、ルカクが左足でのボレーを突き刺し、2-0。

 

だが、65分にはシュルップのクロスをウォードがダイビングヘッドでフィニッシュさせ、パレスが1点を返す展開に。それから10分間は、パレスにゴールが生まれても不思議ではないプレーが続いた。

ルカク
2ゴールを決めたロメル・ルカク

ジェームズ・マッカーサーのシュートを防いでダビド・デ・ヘアにこの日初のセーブ機会が訪れると、続けてルカ・ミリヴォイェヴィッチのフリーキックがサイドネットを揺らす。

しかし、83分にヤングが勝ち点3の獲得に大きく近く追加点をゲット。ポグバがボールを奪うと、右のヤングに展開。ドリブルからボックス内に入ったヤングが低いシュート。これをウォードも止められず、ゴールネットを揺らした。

終了間際には、ジェームズ・ガーナーが交代出場し、シニアデビュー。17歳にとって特別な一夜になった他、試合を通じてサポーターの声援にも助けられ、勝ち点3を獲得した。

ダロト
右サイドを駆けるディオゴ・ダロト

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング(c)、スモーリング、リンデロフ、ショー、マクトミネイ、フレッジ(89分にガーナーと交代)、ダロト(76分にバイリーと交代)、ポグバ、アレクシス(76分にラッシュフォードと交代)、ルカク

出場機会のなかったサブ:ロメロ、ロホ、アンドレアス、チョン

得点:ルカク(33、52分)、ヤング(83分)

イエローカード:アレクシス、ショー、ルカク

クリスタル・パレス:グアイタ、ケリー、ウォード、トムキンス、ファン・アーンホルト(82分にクヤテと交代)、タウンセンド、ミリヴォイェヴィッチ、マッカーサー(61分にマイヤーと交代)、シュルップ、ザハ、バチュアイ(78分にベンテケと交代)

出場機会のなかったサブ:ヘネシー、ダン、リーデヴァルト、アイェウ

得点:ウォード(66分)

イエローカード:ケリー、ザハ

次戦
土曜にオールド・トラッフォードでサウサンプトンと対戦する。