ユナイテッド

ハダースフィールド 1-1 マンチェスター・ユナイテッド

スコット・マクトミネイのゴールで先制するも、マンチェスター・ユナイテッドは降格が決まっているはダースフィール・タウンと1-1のドローに終わり、来季のチャンピオンズリーグ出場権争いから脱落した。

チェルシーがホームでのワトフォード戦に3-0で快勝したため、オールド・トラッフォードで来週末に行なわれるカーディフ・シティーとの最終節の結果に託すためには、勝利が必須だった。

オーレ・グンナー・スールシャール監督が率いるユナイテッドは、8分にマクトミネイの得点で均衡を破るも、それから徐々に勢いがなくなっていった。逆にチャンピオンシップに降格が決まっているハダースフィールドは、後半イサーク・ムベンザに同点ゴールが生まれ、引き分けに持ち込まれた。

マクトミネイ
8分に先制点を決めたスコット・マクトミネイ

ハダースフィールドにとっては、複雑な一戦だっただろう。ウェストヨークシャーでトップレベルのフットボールがしばらく見られなくなることが決まっていたにもかかわらず、ホームのサポーターが作り出した雰囲気は素晴らしかった。

3月下旬の時点で降格が決まっていたとは思えないほど、ハダースフィールドのサポーターはまるで祭りのような空気を作り出した。

ユナイテッドにとっては、残る来季のチャンピオンズリーグ出場枠を獲得するチャンスが残されていたため、全員が勝利を得るために試合に臨んだ。

それでいて緊張し過ぎず、自信を持って試合に入れた結果、序盤の先制点に繋がった。

8分、ルーズボールを拾ったマクトミネイは、冷静に対応。サイドステップでテレンス・コンゴロをかわしてシュートを決め、ユナイテッドがリードを奪う。

その後も攻め続けたユナイテッドに対し、テリアーズではジュニーニョ・バクナがシュートを放ったくらいだった。追加点が欲しいユナイテッドは、フアン・マタがマーカス・ラッシュフォードのフリックから25分にシュートも、わずかにワイドに流れた。

追加点を奪えないユナイテッドに対し、徐々にハダースフィールドが巻き返し始める。

40分には、ビクトル・リンデロフとフィル・ジョーンズの間を縫って前に進んだムベンザがシュート。だがこれは、最近批判されることが多かったダビド・デ・ヘアが、トレードマークである足で弾き返し、リードをキープ。

ユナイテッドもすぐに反撃し、マタのクロスにポグバがヘディングシュートも、クロスバーに嫌われてしまう。

スールシャール監督は、53分にネマニャ・マティッチに代えてアンデル・エレーラ、そして足首を痛めたアレクシス・サンチェスを下げてタヒス・チョンを投入する。

スタンフォード・ブリッジでの試合情報が入り、チェルシーが後半に2ゴールを決め、勝利に前進。つまり、ユナイテッドは何としてでもジョン・スミスズ・スタジアムで勝ち点3を取らなければいけない状況に追いやられた。しかし、ハダースフィールドに同点ゴールを許してしまう。

ホームサイドは、ユナイテッドのコーナーキックに対応すると、GKのヨナス・レッスルのロングボールからチャンスを作った。

珍しい形でのアシストにルーク・ショーの対応は間に合わず、ムベンザにゴールを決められてしまう。

ユナイテッド
ムベンザに同点ゴールを決められてしまう

71分には、アシュリー・ヤングのフリーキックにジョーンズが飛び出すも、ヘディングシュートは正確さを欠く。

同点に追いつかれてからプレーの強度を上げたユナイテッドだったが、ゴール前の決定力が伴わない。マタのクロスにラッシュフォードが合わせるも、ボールは枠を超えてワイドに。

ラッシュフォードは、距離のある位置からシュートも、レッスルの牙城を打ち破れない。

交代出場のチョンにも千載一遇のチャンスが訪れる。ラッシュフォードからのスルーを受けたチョンは、ドリブルからシュートまで持っていくが、レッスルに阻まれてしまう。

クロスバー直撃のヘディングを放ったポグバは、ミドルレンジから落ち着いてコントロールしたシュートを放ったが、再びバーに嫌われる不運に見舞われた。

チェルシーはスタンフォード・ブリッジでワトフォードを3-0で下したが、ユナイテッドはあと1点が遠いまま試合終了となった。

ユナイテッド

試合情報

ハダースフィールド:レッスル、コンゴロ、ホッグ、バクナ、ムーイ、ロウ、グラント、ムベンザ(89分にディアカビと交代)、プリチャード、シンドラー、デュルム(45分にスミスと交代)

出場機会のなかったサブ:コールマン、カチュンガ、ムーニー、スタンコヴィッチ、デイリー

得点:ムベンザ(60分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ヤング(c)、ジョーンズ、リンデロフ(82分にダロトと交代)、ショー、マティッチ(53分にエレーラと交代)、マクトミネイ、ポグバ、マタ、アレクシス(53分にチョンと交代)、ラッシュフォード

出場機会のなかったサブ:グラント、スモーリング、フレッジ、アンドレアス

得点:マクトミネイ(8分)

イエローカード:ジョーンズ

おすすめ:

  • 月間賞を受賞したマクトミネイ article

    ファンが選ぶ月間賞の受賞について、スコット・マクトミネイが語った。

関連キーワード