ユナイテッド

ルートン・タウン 0-3 マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、フアン・マタ、マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッドのゴールによりカラバオカップ3回戦でルートン・タウンに勝利した。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ディーン・ヘンダーソンにファーストチームでのデビュー機会を与え、先週末のクリスタル・パレス戦で交代出場ながらゴールを決めたドニー・ファン・デ・ベークを先発で起用した。

また監督は、オールド・トラッフォードでの一線から10選手を変更。引き続き出場したのはキャプテンのハリー・マグワイアだけだった。勝ち上がりを決めたユナイテッドは、4回戦でプレストン・ノースエンドかブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦する。

前半 - マタが先制点をゲット

試合序盤から主導権を掴んだユナイテッドは、マタがシュートを続け、相手ゴールキーパーのジェームズ・シェイに襲いかかった。ジェシー・リンガードのパスに合わせてファン・デ・ベークが見せたダミーの動きも特筆に値した。

元ユナイテッドのライアン・タニクリフェも好調で、両チームともにディフレクトからチャンスを生み出す。19分にはフレッジがシュートも枠外。ルートンはジョーダン・クラークが前に出るもエリック・バイリーが対応し、シュートはヘンダーソンが守るゴールの左に逸れた。

徐々に攻め手を欠くようなったルートンに対して、ユナイテッドはファン・デ・ベークとマタから流れが生まれ、ブランドン・ウィリアムズがボックス内でジョージ・モンカーに倒されてPKを獲得。これをマタが成功させて先制する。

後半 - 終了間際にダメ押しゴール

再開後ユナイテッドの攻撃陣がシェイを慌てさせるプレーが増加。リンガード、オディオン・イガロと続き、ネマニャ・マティッチも遠めから左足で強烈なシュートを放ち、プレッシャーをかける。

マタとアーロン・ワン・ビサカとの連携からジェシーが再び攻め上がり、ファン・デ・ベークも難しい角度からのシュートを放つ。

ルートンにとって最大のチャンスは、試合終了まで残り9分となった場面。トム・ロッキアーのヘディングシュートであわや同点という状況の中、ヘンダーソンが素晴らしいセーブでチームを救う。ピンチを脱したユナイテッドは、交代出場組が試合を決める大活躍。グリーンウッドからのパスを受けたラッシュフォードが88分に追加点を決めた。

リンガードとラッシュフォードのシュートを経て、最後はグリーンウッドがゴール前で冷静にフィニッシュさせ、ユナイテッドの勝利が確実なものとなった。

ユナイテッド
落ち着いてPKを決めたフアン・マタ

試合情報

ユナイテッド:ヘンダーソン、ワン・ビサカ、バイリー、マグワイア(キャプテン)、ウィリアムズ、マティッチ、フレッジ、マタ(78分にラッシュフォードと交代)、ファン・デ・ベーク(78分にフェルナンデスと交代)、リンガード、イガロ(78分にグリーンウッドと交代)

出場機会のなかったサブ:グラント、ダロト、メンギ、ジェームズ

得点:マタ(44分 PK)、ラッシュフォード(88分)、グリーンウッド(92分)

イエローカード:ウィリアムズ

ルートン:シェイ、キオソ、ロッキアー、ブラッドリー(キャプテン)、ノリントン・デイヴィス、クラーク(76分にコーニックと交代)、モンカー(76分にリーと交代)、タニクリフェ、ヒルトン、シニー、ルアルア

出場機会のなかったサブ:スルガ、クレーニー、ピアソン、ラドック・ムパンズ、コリンズ

イエローカード:キオソ、ヒルトン

新シーズンに向けて準備開始!アディダス製の2020-21のホーム&アウェーそしてサードキットはUnitedDirectで発売中。

おすすめ: