カラバオ

ユナイテッド 0-1 ウェストハム

木曜日 23 9月 2021 00:00

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードで行われた3回戦でウェストハムに敗れ、カラバオ・カップから敗退することとなった。日曜にロンドン・スタジアムでのプレミアリーグ戦でユナイテッドに2-1で敗れたウェストハムがリベンジを果たした形となった。

両監督とも、日曜の対戦から大幅にメンバーを変更し、ハマーズのジャロッド・ボーウェンを除く、両軍合わせて21人が日曜の先発メンバーから入れ替わるという、ほぼ別チーム同士の戦いとなった。

試合は、ハマーズが開始後9分にマヌエル・ランシーニのゴールで先制した後、ユナイテッドの度重なる猛攻を退けて逃げ切った。アンラッキーな展開もあったユナイテッドは、オールド・トラッフォードで痛恨の敗戦を味わう結果となった。

ここからは、現在勝ち点13で同点首位に立つプレミアリーグに注力することになる。次の試合は、土曜の12:30(日本時間20:30)にキックオフのアストン・ヴィラ戦(オールド・トラッフォード)だ。

ウェストハムの9に対し27本のシュートを記録したユナイテッドにとって残念な結果に

前半ーハマーズが早々にリードを奪う

両軍とも序盤からハイテンポなゲームを展開。最初にゴールを脅かしたのはウェストハムだった。

開始後3分、右サイドからの攻撃で、ジャロッド・ボーウェンが打ったシュートはわずかにワイドだったが、アウェー勢があわや先制点という際ど���チャンスを作る。

しかし9分に得たチャンスは逃さなかった。アンドリー・ヤルモレンコがアレックス・テレスをかわしてマヌエル・ランシーニにパスを供給すると、ランシーニのシュートはディーン・ヘンダーソンが陣取るレッズのゴールに突き刺さった。

すぐに奮起したユナイテッドは、日曜の対戦でヒーローとなったジェシー・リンガードが、昨季レンタルで在籍した古巣のゴールめがけて果敢にしかける。マーク・ノーブルに倒されてペナルティーをアピールしたがPKは与えられず、その直後にフアン・マタが痛快な一撃を見舞うも、これは惜しくもバーを直撃した。

続いてアントニー・マルシャルが、この試合でキャプテンを務めたネマニャ・マティッチのパスからシュートを打ったが、これはわずかに枠をそれる。

これらはすべて、試合開始からわずか15分内のできごとだった。

リンガードがふたたびかつての同僚を苦しめ、27分には鋭いドライブからゴールを狙ったが、これはGKアルフォンス・アレオラがセーブ。

その後もテレスとマルシャルがたたみかけ、ユナイテッドの攻勢が続いた。

43分にはドニー・ファン・デ・ベークも華麗なフットワークからシュートに持ち込んだが、これも枠をそれる。

前半終了直前にはジェイドン・サンチョとマルシャルのワンツーから再度ユナイテッドがチャンスを得たが、ゴールをこじ開けられないままハーフタイムを迎えた。

後半ーレッズが攻めるもウェストハムが堅守

後半が開始して間もない50分、マタの意表をついたアシストでユナイテッドが同点のチャンスをゲットする。

受けたサンチョがボレーシュートを叩き込んだが、ストレトフォード・エンドの真正面で、ボールはクロスバーを超えた。

その後ディオゴ・ダロトがペナルティ・エリア内までドライブで切り込み、今シーズン初の先発試合をゴールで飾るかと思われたが、これも枠を外れた。

ハマーズ側も、ヤルコレンコがワイドなシュートを放つなど、追加点の可能性を匂わせたが、攻撃をしかけていたのはレッズだった。オフェンスにさらなるカンフル剤が必要と判断したスールシャールは61分、フアン・マタに代えてメイソン・グリーンウッドを投入する。

すると即座にグリーンウッドはゴールを放ち、この交代策が奏功したかに見えたが、これはアレオラに防がれた。

この一撃で奮起したオールド・トラッフォードの観衆は、レッズを勝利に導くべく、うなるような歓声を送る。その声に背中を押されたリンガードもショットを放ったが、これもセーブされた。

72分、スールシャールはテレスとリンガードを下げて、アンソニー・エランガとブルーノ・フェルナンデスを同時に送り込み、ドラマチックなエンディングを期した。

しかしユナイテッドがプレスをかけると、ウェストハムが抜け出し、ブルーノは、芸術的なビルドアップを展開する代わりに、2対1の危険な状況を阻止すべく必死に駆け戻るはめとなり、逆転の望みは絶たれた。

ボールを持つたびに危険な香りを漂わせたグリーンウッドも最後までチャンスを追い求める。

観衆の後押しを受けたスリリングな終盤、ノーブルとボーウェンのシュートをディーン・ヘンダーソンが防いで、PK戦へと持ち込む可能性を残した。そんな勇敢なGKに気圧されたのか、ヤルモレンコのシュートもポストを叩いた。

しかしあらゆるチャンスを追い求めたユナイテッドの努力もむなしく、PK戦に持ち込むことは叶わなかった。

後半戦にピッチに送り出されたブルーノ

試合情報

ユナイテッド:ヘンダーソン;テレス(72分にエランガと交代)、リンデロフ、バイリー、ダロト;マティッチ(キャプテン)ツ、ファン・デ・ベーク、サンチョ、マタ(61分にグリーンウッドと交代)、リンガード(72分にフェルナンデスと交代);マルシャル

出場機会のなかったサブ:ヒートン、ジョーンズ、ワン・ビサカ、マクトミネイ

ウェストハム:アレオラ;ヤルモレンコ、ランシーニ(69分にフォルナルスと交代)、ドーソン、ノーブル(キャプテン)、ボーウェン、ディオップ、フレデリクス(17分にツォウファルと交代)、マスアク(69分にブラシッチと交代)、ジョンソン、クラール

出場機会のなかったサブ:ランドルフ、ズマ、オグボンナ、ベンラーマ

得点:ランシーニ(9分)

警告:ノーブル

観客数:72,468

おすすめ: