ユナイテッド

ユナイテッド1-3パリ・サンジェルマン

オールド・トラッフォードでパリ・サンジェルマンに3-1で敗れたことで、マンチェスター・ユナイテッドのUEFAチャンピオンズリーグの行方はわからなくなった。

マーカス・ラッシュフォードがフランス王者を相手に3試合連続のゴールを決めたものの、ネイマールが後半終盤に決めたゴールが決定的なものになり、PSGが勝ち上がりに必要だった勝ち点3を獲得。グループHは3チームが勝ち点で並んでだ状態で最終節を迎える。

ユナイテッドは1-1の状態の時点で逆転するチャンスを何度か作ったが、PSGに勝ち越された直後にフレッジが2枚目のイエローカードで退場。ラッシュフォードも負傷により交代した可能性があり、フラストレーションが溜まる結果となった。

ユナイテッド
同点ゴールを決めたラッシュフォード

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、先週末のサウサンプトン戦から3選手を変更。スコット・マクトミネイとアントニー・マルシャルが先発に起用されたほか、3-2で逆転勝利を収めたセインツ戦で大活躍のエディンソン・カバーニを古巣対決で先発に使った。カバーニは、PSG在籍時にズラタン・イブラヒモヴィッチを上回る200ゴールというクラブ記録を樹立した選手だ。

試合はPSGが序盤からワールドクラスのタレントを生かし、6分にネイマールのゴールで先制する。

キリアン・ムバッペとのワンツーを見せたネイマール。ムバッペのシュートがマクトミネイに当たって軌道が変わったボールに反応し、ボトムコーナーに突き刺した。

リーグ1首位のPSGは、中盤にマルコ・ヴェッラッティとレアンドロ・パレデスが復帰。先制後にはアレッサンドロ・フロレンツィが追加点を狙ったが、これはダビド・デ・ヘアが弾き返す。

20分にはパレデスがフレッジとの接触後に倒れて試合は一時中断。

主審のダニエレ・オルサトがVARモニターで問題のシーンを確認し、フレッジの行為がレッドカードに相当するかを判断した結果、幸いにもイエローカードで済んだ。

審判に救われたユナイテッドは、相手にプレッシャーをかけ、ラッシュフォードが同点ゴールを決める。

ケイロル・ナバスがマルシャルのシュートを弾き返したボールを足元で受けたラッシュフォードがシュート。これがダニーロ・ペレイラの足にディフレクトしてゴールネットを揺らした。

前半の終わりにはファウルが続けて取られたが、幸運にも両チームの選手にイエローカードが出されることはなく後半へ。

後半はラッシュフォードとカバーニの連携からマルシャルに絶好のチャンスが訪れるも、放たれたシュートは無人のストレトフォード・エンドに吸い寄せられた。

負ければグループステージ敗退が決まるPSGに対して、ユナイテッドはカウンターから活路を見出す。

カバーニもナバスの位置を冷静に見極めてループシュートを放ったが、惜しくもクロスバーに嫌われる。セカンドボールにマルシャルが再び反応するも、マルキーニョスにブロックされてしまう。ピンチを凌いだPSGは、キャプテンの得点で嫌な流れを変えた。

デ・ヘアがミチェル・バッカーのシュートをセーブした後、マルキーニョスがゴール前でフィニッシュ。デ・ヘアも足を伸ばして反応したものの止められず、ついにPSGが勝ち越す。追いつきたいユナイテッドだったが、さらに逆風が吹く事態に。交代出場したアンデル・エレーラからボールを奪おうとしたフレッジのプレーに対し、主審は2枚目のイエローカードを出し、ユナイテッドは一人少ない10人に。

監督はラッシュフォードに代えてポール・ポグバを投入するも、PSGは退いてユナイテッドのプレッシャーをいなし、ネイマールが勝負を決める3点目をマーク。

ユナイテッドはグループ首位をキープしたまま、ラウンド16進出をかけて来週火曜にアウェイで開催されるRBライプツィヒ戦に臨む。

ユナイテッド
後半に退場処分を受けたフレッジ

試合情報

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ(89分にイガロと交代)、リンデロフ、マグワイア、テレス、フレッジ、マクトミネイ、ラッシュフォード(74分にポグバと交代)、フェルナンデス、マルシャル(79分にファン・デ・ベークと交代)

出場機会のなかったサブ:ヘンダーソン、バイリー、フォスメンサー、ウィリアムズ、マティッチ、マタ、ジェームズ、リンガード

得点:ラッシュフォード(32分)

イエローカード:フレッジ

退場:フレッジ

PSG:ナバス、フロレンツィ(78分にケーラーと交代)、ディアロ(89分にゲイェと交代)、キンペンべ、マルキーニョス(キャプテン)、ヴェッラッティ(78分にラフィーニャと交代)、ダニーロ、パレデス(65分にエレーラと交代)、キーン(65分にバッカーと交代)、ムバッペ、ネイマール

出場機会のなかったサブ:リコ、ルトゥリエ、ディ・マリア、クルザワ、ペンベレ、ファディガ

得点:ネイマール(6、90分)、マルキーニョス(69分)

イエローカード:パレデス、ヴェッラッティ

おすすめ: